うえお久光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

うえお 久光(うえお ひさみつ、1974年昭和49年) - ) は、小説家ライトノベル作家鹿児島県出身。

2000年度に行われた第8回電撃ゲーム小説大賞に『みークルズサジェスチョン/ポリッシュアップルズ』を応募、〈銀賞〉を受賞する。2002年2月、同作品は『悪魔のミカタ 魔法カメラ』と改題されて電撃文庫より出版され、小説家デビューを果たした。2005年7月からは新シリーズ『シフト』を単行本(ハードカバー)にて発表している(後に電撃文庫に移籍)。『紫色のクオリア』はライトノベル読者のみならずSFファンや評論家からも人気を集め、山本弘大森望鏡明らから絶賛された。

座右の銘は「天上に輝く星と我が心の内なる道徳律」。出典は覚えておらず、言葉の響きで採用した[1]イマヌエル・カントの『実践理性批判』に同じ言葉が記されている。

『悪魔のミカタ』シリーズは第13巻 『It/MLN』(2004.7)以降執筆が滞っていたが、13巻発売から2年5ヵ月後の2007年2月に2学期編初巻 『666 スコルピオン・オープニング』が発売された。

作品リスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ AMW|第8回 電撃ゲーム3大賞