いすゞ・パンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パンサーPANTHER)は、いすゞ自動車インドネシアで製造・販売する普通乗用車フィリピンベトナムでも販売されている。

概要[編集]

生産はインドネシア・パンチャモーターで、ファスターロデオのコンポーネントを流用しつつも、オリジナルシャシとなっている。3列シートのMPVピックアップトラック(但し税法上の関係で後輪駆動のみ)が設定されている。

エンジンは2.5Lディーゼル(4JA1型)と、同ターボ(4JA1-L型)。第34回東京モーターショーに、「いすゞ・160」として参考出品されている。

また、このモデルにオペルの2.2Lガソリンエンジンを積んだシボレー・タベラというモデルも存在し、インドネシアのほか、インドではノックダウン方式で生産が行われている。

初代(1991年-)[編集]

いすゞ・パンサー(初代)
Royale 2.5
'97 Isuzu Panther.JPG
Hi Grade 2.5
1999 Isuzu Panther Hi Grade 2.5L (rear), Kediri.jpg
ピックアップトラック
Isuzu Panther Pickup.jpg
販売期間 1991年 - 2000年(ステーションワゴン、インドネシア)
1991年 -(ピックアップトラック、インドネシア)
1997年 - 2001年(ステーションワゴン、フィリピン)
ボディタイプ 5ドアMPVステーションワゴン
2ドアピックアップトラック
変速機 5速MT
全長 4,360-4,655mm
全幅 1,650-1,820mm
全高 1,725-1,826mm
ホイールベース 2,680mm
車両重量 1,990kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
  • 1991年に、インドネシアにおいて「アジア地域専用車」として生産・販売を開始。
  • 1997年より、フィリピンにおいてCROSSWIND(クロスウィンド)の名称で販売開始。また、ベトナムでもHi-Lander(ハイランダー)の名称で販売されている。


2代目(2000年-)[編集]

いすゞ・パンサー(2代目)
LS 2.5 Turbo(2001年モデル)
2001 Isuzu Panther LS 2.5 TBR541 (20191020).jpg
LM Turbo(2008年モデル)
2008 Isuzu Panther LM Turbo.JPG
LS Turbo(2012年モデル)
2012 Isuzu Panther LS Turbo.jpg
販売期間 2000年9月 -(インドネシア)
2001年 - 2017年(フィリピン)
2004年 - 2017年(インド)
乗車定員 10名
ボディタイプ 5ドアMPVステーションワゴン
エンジン 4JA1型 直列4気筒 2,500cc ターボ
4JA1型 直列4気筒 2,500cc 自然吸気
最高出力 81PS(ターボ)
85PS(自然吸気)
変速機 4速AT/5速MT
全長 4,435-4,730mm
全幅 1,680-1,770mm
全高 1,765-1,900mm
車両重量 2,180-2,210kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
  • 2000年9月、フルモデルチェンジ。但しピックアップトラックは初代の継続生産となった。
フィリピン
  • 2002年 第13回アニュアル・ナショナル・コンシューマーズ・アワーズのAUV部門を受賞。
  • 2011年 "Auto Focus People’s Choice Awards"の2011年度最優秀AUV賞を受賞、4年連続の受賞を納めている。[1]

生産工場[編集]

インドネシア・パンチャモーター

車名の由来[編集]

  • 速さ、強さをイメージさせる動物「パンサー=(ヒョウ)」から命名された。

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]