いごねり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いごねり

いごねりまたはえごねりとは、佐渡島でおもに食される郷土料理、海藻加工食品である。

同様の食品はいごえごなどと呼ばれ、新潟県(本土)、長野県北部などおもに日本海側の広い地域で食べられている(いごは佐渡地方、えごは新潟地方で呼ばれる[1])。また福岡県の「おきゅうと」など、製法が少し異なるが類似の食品が各地にある。

製法[編集]

佐渡島に古くから伝わる伝統食品で、乾燥したいご草(エゴノリ)を煮溶かし、よく練ったものを冷やして固めて作られる[2][3][4]。 えごは箱状に成型したもので、いごねりは薄く成型したものであると紹介するサイトもある[5]

食べ方[編集]

佐渡島と本土では食べ方が違い、佐渡では薄く成型されたものを巻いてきしめん状に細く切った上で盛り付け、甘口醤油または生姜醤油をかけて食べるのが一般的であるが、本土では、箱状に成型されたものを刺身状に切って盛り付け、ポン酢や醤油・酢味噌で食べるのが一般的である[1][2][5][6][7]

好みで小ねぎショウガなどの薬味を乗せたり[3][7]和からしを添えることもある[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b “ところてんの味付けは酢醤油? 黒蜜? えっソース?”. NIKKEI STYLE. (2016年9月16日). http://style.nikkei.com/article/DGXZZO06123160W6A810C1000000?channel=DF080420167220 2017年6月28日閲覧。 
  2. ^ a b いごねり 観光・旅行情報サイト【ぐるたび】”. ぐるなび. 2017年6月28日閲覧。
  3. ^ a b 日本の郷土料理がわかる辞典『恵胡練り』 - コトバンク
  4. ^ えご (PDF)”. 上越市. 2017年7月25日閲覧。
  5. ^ a b 「えご」ができるまで”. 株式会社 猪貝. 2017年7月24日閲覧。
  6. ^ a b えごの食べ方”. 株式会社 猪貝. 2017年7月24日閲覧。
  7. ^ a b 商品情報”. 株式会社 麩甚. 2017年7月24日閲覧。