Wikipedia:箇条書き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

このガイドラインでいう箇条書きとは、リンク・データ・情報を項目ごとに書き分けて並べ、記事本文に組み入れたり、記事の末尾に付加したりしたものです。これに対し、箇条書きでない文の連なりを文章と呼ぶことにします。箇条書きはリンクやデータ、あるいはひとつ以上の語句や文によって構成されます。の形式をとる箇条書きもあります。箇条書きは適切な場合にのみ用いるべきです。箇条書きされている情報を、文章のかたちで提示したほうがよい場合もあります。統計情報を過剰に記載することは方針に反します。

文章と箇条書きの比較[編集]

ウィキペディアでは、文章中心に書かれた通常の記事と、基本的に箇条書きによって構成された記事(一覧記事)を区別しています。通常の記事はおもに文章によって構成されることを想定していますが、箇条書きが中に含まれていてもかまいません。

詳細に説明したり文脈を明確にしたりすることは、文章では可能ですが箇条書きでは難しいため、通常の記事では文章によって書かれることが望まれます。文章は人に語って聞かせるように流れていきます。文章は説明を目的としているため記事に用いるのに最適です。内部リンクの箇条書きは、テーマとなっている分野をチェックするのに非常に有効ですが、通常は独立させた一覧記事とすべきです。通常の記事では、「概要」節など重要な項目は、ふつうはただ箇条書きにするよりも、本文の中で自然なかたちで言及すべきです。

例:

文章 内容のない箇条書き
ニューヨークにおける20世紀建築には多数の記念碑的な建築物があり、特に摩天楼が有名である。20世紀初期、ニューヨークはスタンフォード・ホワイトStanford Whiteやカレール&ヘイスティングズCarrère and Hastingsに代表されるボザール建築運動の中心地となった。ニューヨークの新摩天楼には、5番街とブロードウェイがマディソン・スクエアMadison Squareで交差するあたりにあるフラットアイアンビルディング (1902)、キャス・ギルバートがネオ・ゴシック様式によって設計した、旧市庁舎を見下ろす「商業の大聖堂(Cathedral of Commerce)」ことウールワースビル (1913)、純粋なアール・デコ様式によるクライスラービル (1929)、さらにエンパイア・ステート・ビルディング (1931)などがある。モダニズム建築家のレイモンド・フッドや、第二次大戦後のレバーハウスによって始まった一群の「ガラスボックスglass boxes」建築により、1930年代までの古典的なビル群の稜線は変貌し、ワールドトレードセンター (1973)においてその頂点に達した。 ニューヨークにおける20世紀建築

適切でない箇条書きを見つけたときは、記事または節の冒頭にテンプレートを貼ってください。たとえば文章のかたちで書いたほうがよいと思われる箇条書きについては、{{雑多な内容の箇条書き}}テンプレートを用います。Wikipedia:Template メッセージの一覧/問題のある記事#その他に、このテンプレートを含む一覧があります。

箇条書きの適切な使用例[編集]

文章を用いることは一般に記事執筆において望ましいとされますが、場合によってはなんらかの形式の箇条書きのほうが適切と思われることもあります。考慮すべき場合、およびその場合に考慮すべき箇条書きの形式は以下の通りです。

小段落[編集]

箇条書きの項目が先行する段落の小段落になっている場合は、箇条書きを用いたほうが適切なことがあります。そのような小段落は、先行段落に対しインデントすることができます。この場合、特に小段落が非常に短い場合などでは、箇条書きしてインデントすることで記事が読みやすくなるでしょう。次の例は中黒(・)つきでも中黒なしでも有効です。

文章 箇条書き
20世紀初頭、ニューヨークボザール建築運動の中心地であり、スタンフォード・ホワイトStanford Whiteやカレール&ヘイスティングズCarrère and Hastingsといった有能な建築家が集まった。時代が進むにつれ土木建築技術が発達し、ニューヨークは高層建築物が競って建てられる世界有数の建築の名所となった。

ニューヨークの印象的な空の稜線を形作っていたのは数多くの多彩な摩天楼であり、その多くは20世紀建築の記念碑的存在となっている。フラットアイアンビルディングは鉄骨によって87メートル(285フィート)の高さを実現、1902年の完成時にはニューヨーク随一の高層建築であった。フラットアイアンビルディングは鉄骨設計最初期の建築であり、当時、他の建築工法によってこの高さを実現することは不可能に近かった。旧市庁舎を見下ろすネオ・ゴシック様式の「商業の大聖堂(Cathedral of Commerce)」ことウールワースビルキャス・ギルバートによって設計された。241メートル(792フィート)と、1913年の完成時には世界一の高さであり、1930年に40ウォールストリートビル40 Wall Streetに記録を塗り替えられるまで世界一を維持した。同じ1930年、高さ319メートル(1046フィート)のクライスラービルが世界一の座を奪った。その高さよりも目を引くのはウィリアム・ヴァン・アレンWilliam Van Alenによる建築デザインで、外壁をレンガで覆ったアール・デコ建築の傑作として今なおニューヨーク市民に愛されている。

20世紀初頭、ニューヨークボザール建築運動の中心地であり、スタンフォード・ホワイトStanford Whiteやカレール&ヘイスティングズCarrère and Hastingsといった有能な建築家が集まった。時代が進むにつれ土木建築技術が発達し、ニューヨークは高層建築物が競って建てられる世界有数の建築の名所となった。ニューヨークの印象的な空の稜線を形作っていたのは数多くの多彩な摩天楼であり、その多くは20世紀建築の記念碑的存在となっている。
  • フラットアイアンビルディングは鉄骨によって87メートル(285フィート)の高さを実現、1902年の完成時にはニューヨーク随一の高層建築であった。フラットアイアンビルディングは鉄骨設計最初期の建築であり、当時、他の建築工法によってこの高さを実現することは不可能に近かった。
  • 旧市庁舎を見下ろすネオ・ゴシック様式の「商業の大聖堂(Cathedral of Commerce)」ことウールワースビルキャス・ギルバートによって設計された。241メートル(792フィート)と、1913年の完成時には世界一の高さであり、1930年に40ウォールストリートビル40 Wall Streetに記録を塗り替えられるまで世界一を維持した。
  • 同じ1930年、高さ319メートル(1046フィート)のクライスラービルが世界一の座を奪った。その高さよりも目を引くのはウィリアム・ヴァン・アレンWilliam Van Alenによる建築デザインで、外壁をレンガで覆ったアール・デコ建築の傑作として今なおニューヨーク市民に愛されている。

語句の羅列[編集]

語句の羅列を含む長文については、箇条書きのほうが好ましい場合があります。

例:

文章 箇条書き
定義を与えることの意味、機能、可能な範囲については、哲学者の間で議論がある。一般に(たとえば大学の論理学の教科書では)、辞書的・語彙的定義dictionary or lexical definition、内包的定義intensional definition、外延的定義extensional definition直示的定義ostensive definition、規約的定義stipulative definition、操作的定義operational definition、理論的定義theoretical definition説得的定義persuasive definition、最近類と種差による定義definition by genus and differenceなど、さまざまな定義法が区別される。 定義を与えることの意味、機能、可能な範囲については、哲学者の間で議論がある。一般に(たとえば大学の論理学の教科書では)、

など、さまざまな定義法が区別される。

定義の箇条書き[編集]

定義が並ぶときは、適切な形式の箇条書きを用いたほうがよいでしょう。定義を箇条書きすると節のサイズが大きくなりますが、読者にとっては読みやすくなります。適切な形式を用いて定義を箇条書きすることで、スクリーンリーダーを使用する利用者にとってのアクセシビリティを向上させることができ、HTML検証、ブラウザの互換性、スタイル変更時の自動実装に関連するさまざまな技術的利点も得られます。箇条書きのさい、各項目間に空白行を入れないようにしてください。

用語解説glossaryにおいては、他の形式よりも定義形式の箇条書きのほうが望ましく、またもっとも一般的に用いられています。箇条書きする定義が複数の段落にまたがるなど非常に長くなる場合は、セミコロン( ; )やコロン( : )などを用いた書式によって読みやすくなることもあるでしょう。定義形式の箇条書きは、しばしば分量の大きい節(たとえば非常に長い外部リンク参考文献の節)を小分割するために用いられることもあります。

文章 箇条書き
疾患、疾病diseaseとは、体の正常な機能を阻害するあらゆる異常状態、特に感染症のことである。感染症は病原性微生物因子の存在によって引き起こされる臨床的に明白な疾患である。病気illness, sicknessは、通常疾患、疾病と同義だが、疾患、疾病と異なり、患者の個人的な罹病体験を指すこともある。医学的状態medical conditionは、あらゆる疾患や障害を含む幅広い用語で、妊娠などのように正常な健康状態でありながら、個人の健康に影響したり、医学的支援により利益を得たり、医療が必要とされたりする状態や、外傷を含むこともある。

病的状態morbidityとは、あらゆる原因による病気の状態またはその他の罹患状態、障害または不健康を指すのに用いられる用語である。併存疾患comorbidityとは、2個以上の医学的状態が同時に存在することで、特にそれらが相互に影響しあっているときにいう。死亡mortalityとは、死に至ることを指す用語で、特に医学的状態からのものをいう。全死因死亡all-cause mortalityとは、あらゆる原因による死亡のことである。

疾患、疾病disease 
体の正常な機能を阻害するあらゆる異常状態、特に感染症のこと。感染症は病原性微生物因子の存在によって引き起こされる臨床的に明白な疾患である。
病気illness, sickness 
疾患、疾病と同義だが、疾患、疾病と異なり、患者の個人的な罹病体験を指すこともある。
医学的状態medical condition 
あらゆる疾患や障害を含む幅広い用語。妊娠などのように正常な健康状態でありながら、個人の健康に影響したり、医学的支援により利益を得たり、医療が必要とされたりする状態や、外傷を含むこともある。
病的状態morbidity 
あらゆる原因による病気の状態またはその他の罹患状態、障害または不健康。
併存疾患comorbidity 
2個以上の医学的状態が同時に存在すること。特にそれらが相互に影響しあっているときにいう。
死亡mortality 
死に至ること。特に医学的状態からのものをいう。全死因死亡all-cause mortalityとは、あらゆる原因による死亡のことである。

作品リスト・年表[編集]

書誌情報、ディスコグラフィ(音楽作品情報)、フィルモグラフィ(映画作品情報)、アルバムの製作者情報、トラックリストといった、個人やグループの作品リストや、そのほかにも年表や作品年代表は、単純な箇条書き形式で表示されるのが一般的ですが、それらの各情報については、補完的に要点を文章によって分析したものを記事中の他の場所に掲載することが望まれます。またこの種の箇条書きによる節が大きくなりすぎたときは、Wikipedia:ページの分割と統合にしたがって一覧記事に分割することが望まれます。キャスト一覧は文章のかたちで書くほうが望ましいでしょう。年表の書き方についてはWikipedia:Timeline standardsを参考にしてください。

[編集]

表は、リンク・データ・情報を行・列のかたちで提示する方法で、箇条書きを複雑にしたものといえます。九九、数値の比較、スポーツの結果など、数的データを表示するときに用いることがあります。また、複数の外国語間での対訳語、賞の種類や受賞年、こみいったディスコグラフィなどを表示するのに用いることもあります。文章で書かれた各情報を表の中でまとめてある場合は、その表を折りたたみ表示(「表示」/「隠す」の切り替えが可能な表)にすることも検討してみましょう。

関連項目[編集]

参照項目関連項目を箇条書きしたものは、ウィキペディア内の関連記事を探す案内役として有用です。この節に追加する記事のリンクを選ぶさいには、この記事を読んだ後、読者は次にどの記事を読みたいと思うだろうかと、読者の立場に立って自問してみることです。この節に記されているリンク先の話題は、もとの記事の本文中でも取り上げられているものであることが理想です。リンクは通常、次の3種類に分かれます。

通常の記事、一覧記事それぞれについて、記事に加えるリンクの数はどのくらいがよいかということがしばしば問題になります。通常の記事へのリンク(「参照項目」)と、一覧記事へのリンク(「関連項目」)を区別する利用者もいますが、リンク数があまりに多いのでないかぎり、そこまでする必要はありません。記事末の一覧記事リンクは1つか2つ(またはリンクなし)が最適と考える利用者もいれば、一覧記事のリンクはより包括的であるほうが便利だと考える利用者もいます。一般論としては、一覧記事へのリンクの掲載基準も、通常の記事へのリンクの掲載基準と同じであるべきです。この記事を読んだ後、読者は次にどの一覧記事を参考にしたいと思うだろうかと、読者の立場に立って自問してみることです。

参考文献と外部リンク[編集]

ウィキペディアの外部にある情報源を提示するものです。次の2つに大別されます。

  • "ウェブ・ハイパーリンク" - ウィキペディア以外のウェブアドレスのリンク集。「外部リンク」節。
  • "参考文献" - 学術雑誌記事や書籍を箇条書きしたもの。「参考文献」節。

ウェブリンク、書籍、雑誌記事をまとめて箇条書きし「外部リンクと参考文献」などとすることも非常に一般的です。詳しくはWikipedia:レイアウトの指針を参照してください。

ウィキペディアはリンク集ではなく、外部リンクのみを集めた記事を作成してはいけませんが、インターネット上にある、より詳細な参考資料を提示することは、特にウェブサイトを重要な情報源として用いた場合には適切な行為です。

アクセシビリティ[編集]

箇条書きの各項目の間に空白行を入れないようにしてください。未整理の箇条書きや定義の箇条書きにおいても間に空白行を入れてはいけません。

サイズ[編集]

サイズの大きくない箇条書きの節や表を記事から分割することは推奨されません

統計情報を過剰に記載することは方針に反します。