レイモンド・フッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レイモンド・マシューソン・フッドRaymond Mathewson Hood1871年3月29日 - 1934年8月14日)は、アメリカ合衆国建築家。全米の各都市にて、超高層ビルを数多く設計した。またいくつかの都市構想を発表した。

沿革[編集]

ロードアイランド州ポータケットに生まれ、ブラウン大学マサチューセッツ工科大学パリエコール・デ・ボザールにて教育を受けた。エコール・デ・ボザールでは、後のパートナーである、ジョン・ミード・ハウエルズと出会っている。その後ハウエルズとフッドは共同で建築設計事務所を設立。

1922年、シカゴ・トリビューン社の本社屋、トリビューン・タワーの国際建築設計競技にてゴシック様式の案を提示し、エリエル・サーリネンらの案を退け、見事一位を獲得したことで一躍有名になる。 その後はゴシック様式から離れ、サーリネンの影響を受けたシンプルな造形の摩天楼を手掛けるようになり、建設に際しレンダラーのヒュー・フェリス、建築彫刻家レネ・ポール・シャンベランなどを採用し、アール・デコ様式を主体とするマンハッタン摩天楼のイメージを確立した。デイリー・ニューズ・ビルディング(1930年)では狭い間隔の垂直線が強調されている。これは後のロックフェラー・センター(1931年起工)を予見するものとも推測されている。ニューヨークに建つ彼の設計のマグロウヒル・ビルディング(1931)は、インターナショナルスタイルで設計された最初の摩天楼の一つである。

代表作[編集]

  • 1924年 トリビューン・タワー - イリノイ州シカゴ
  • 1924年 アメリカン・ラジエター・ビル(別名 アメリカン・スタンダード・ビル) - ニューヨーク州ニューヨーク
  • 1929年、マンハッタン島開発の計画案を製作
  • 1929年、ニューヨーク・デイリーニュース・ビル - ニューヨーク州ニューヨーク(スーパーマンの「デイリー・プラネット」社のモデルとして有名。)
  • 1930年、メイソニック・テンプル(現スクラトン・カルチャー・センター) - ペンシルベニア州スクラトン
  • 1931年、プロジェクト「ひとつ屋根の下の都市」「マンハッタン1950」を製作
  • 1933年、NYCのクライセラービルディング
  • 1933年、ロックフェラー・センター - ニューヨーク州ニューヨーク
  • 1934年、マグロウヒル・ビル - ニューヨーク州ニューヨーク


参考文献[編集]

  • GA Modern Architecture 1920-1945 文:ケネス・フランプトン 企画・撮影:二川幸夫
  • 錯乱のニューヨーク (ちくま学芸文庫) 文: レムコールハース(Rem Koolhaas), 訳:鈴木圭介 筑摩書房 1999年
  • ポール ・ゴールドバーガー (著), 渡辺 武信 (翻訳)『摩天楼―アメリカの夢の尖塔』(鹿島出版会 1988年)
  • A. H. Nod, Raymond Hood
  • J. Burchard & A.Bush-Brown, The Architecture of America
  • W.H.Kilham, Raymond Hood.. Archked of ldeas,1973.