Wikipedia:完璧な記事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

完璧なウィキペディア記事とは…[編集]

まず、主題に関する定義または明確な説明で始まります。 
これは、専門家でない人たちにもその主題自体が、できる限り完全に明確に伝わるべきであるからです。百科事典の目的は、ほとんどの人々にとって最も利用しやすいように知識を体系化することであり、そのためにはまず、その主題が何について書かれているかの明確な説明が必要となります。ですから、最初からその主題の中心に入るのではなく、徐々にその中に入っていくのです。
そのトピックに対して複数のアプローチがあることを深く認識し、そのことを追求します。 
偏った知識でも、学問的な振りをした横暴さでもありません(その二つはしばしば、表裏一体の関係ですが)。単なる一人の観点を反映したものではなく、多くの人々の共同作業であったり、あるいは非常に真剣に考え抜いて、「本当に」その主題に対する様々な考え方をよく理解した一人による成果なのです。
完全に中立です。 
時には本当の専門家の手によってのみ可能なことですが、議論されている主題に関して公平さと共感を持って、対立するいろいろな観点を慎重に示します。競合する観点を共感を持って示すだけでなく、「論理的に組み立てられた」ものになっていますので、読者は「状況」をはっきりと理解します。もちろん、最も一般的な観点は、どんなものであれ、強調され、極端にマイナーな観点は強調されません(たとえ、そのページでその意見が非常に詳細に記述されているとしても)。
長文です。 
ほとんど全ての記事は、「本当に」優れているならば、少しでも良くなるために長くなっていきます。
丁寧さと正確さという意味では「専門家」の知識を反映します。 
わかりやすく使いやすい上に、専門家でない人たちが、自分たちがわかっているつもりの事柄について書くときのような曖昧な一般論と中途半端な真実ばかりの集まりの記事とは違います。
よく文書化されています。 
参考文献をもっています。参考文献は、著者特有のものではなく、実際によく使われているものです。
本当に「明確に」書かれています。 
何を意味するかについて誤解されることのないように書かれています。定義から始まるだけではなく、はっきりした記事のレイアウトに沿って、明確な口調の文を用います。全体を通して、「記事を本当に必要とする人」が、記事で述べられていることをどのように理解するか、わからなくなるかについて注意を払って書かれています。
構造と記事の各部分のどちらにもその必要性に関して、はっきりした説明、十分な説明があるようになっています。 
例えば、読者が記事のある節を見たとき、この記事のこの節がここにあることの意味がわからないということはありません。
その記事自体の中であっても、必要不可欠な専門用語について説明しないままにはしません。 
主題自体にとって、いくつかの専門用語が「必要不可欠」ならば、たとえ他のページでも説明されていたとしても、それについて記事内で説明すべきです。読者がその主題の解説に欠かせない部分を見るために他のページを訪れなくてもいいようにすべきです(その記事のほとんどが他の記事を列挙するだけの高度な紹介ページでなければ)。
人を惹き付けるような書かれ方をしています。 
長くて複雑な文や必要以上に退屈な言葉を用いません。
他の同種の記事にもあるような基本的な情報を含んでいます。 
例えば、人物に関する記事はすべて、わかっているならば、生年月日と死亡年月日を含むべきです。(ウィキペディアは、この種の統一性と完全性にはほど遠い状況です。)

完璧である必要はありません[編集]

しかし、上記をすべて満たすような記事は……存在しません

決して、これらの様々な基準を全て満たすように頑張らなければならないと考えているわけではありません。完璧な記事は、観念的な理想であり、人間には書けません。完璧にはほど遠い記事であっても、ウィキペディアに投稿することは非常に重要です。しかし、様々な方法で完璧でない記事を改善することができるということも忘れてはいけません。

関連項目[編集]