Sputniko!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Sputniko!、(スプツニ子!、略称:スプ子、1985年- )はボストンニューヨーク東京を中心に活動する現代美術家MITメディアラボ助教[1]。夫はATカーニー日本法人会長の梅澤高明。所属ギャラリーはSCAI THE BATHHOUSE、所属事務所はボン・イマージュ

略歴[編集]

1985年東京都新宿に生まれる。父親は日本人、母親はイギリス人。両親とも数学者で、本人も、アメリカンスクール・イン・ジャパンを高校2年で中退後インペリアル・カレッジ・ロンドンの数学科および情報工学科に飛び級入学、2006年に一級優等学位(first class honours)を得て卒業。2年ほどロンドンとイタリア・フィレンツェでフリーランスのプログラマとして働いた後、2010年ロイヤル・カレッジ・オブ・アート[2]Design Interactions専攻修士課程修了。

2007年よりロンドンを中心に音楽やデバイス、映像制作などのアーチスト活動を行う。カラスと交信するロボットや女性の生理を疑似体験するマシン、ハイヒール付き月面ローバーなど、テクノロジーによって変化していく人間の在り方や社会を反映させた映像、音楽、写真、パフォーマンス作品を発表している。ソーシャルメディア上で作品発信し、ファンと交流したり制作スタッフを募集するSNS時代のポップアーティストである。

2010年6月末からロンドンロイヤル・カレッジ・オブ・アートでの卒業制作発表展「Show Two」[3]で作品が展示される。発表映像作品のひとつ『生理マシーン、タカシの場合。』がヨーロッパなどで反響を呼んだ。[4][5]

同年10月末より開かれた東京都現代美術館の企画展「東京アートミーティング トランスフォーメーション」[6]に出展。関連のトークイベントにも参加。制作拠点をロンドンから東京に移す。

平成22年度(第14回)文化庁メディア芸術祭において『Crowbot Jenny』が「アート部門/その他」での審査委員会推薦作品となる。

同年7月からのニューヨーク近代美術館(MOMA)での企画展「Talk to me」[7][8]に出展。

同年に米Advertising Age誌の「2011年世界のクリエイティブ50人」[9]に選出。

同年に伊Rolling Stone誌の「今後10年に最も影響を与えるデザイナー20人」[10]に選出。

2012年にオーストリアリンツの芸術祭アルス・エレクトロニカのインタラクティブ・アート部門で、『Menstruation Machine - Takashi's Take』が「Honorary Mention」を受賞。

同年4月より、経済産業省「クール・ジャパン官民有識者会議」民間委員を務める(翌年2月まで)

2013年、アルス・エレクトロニカのハイブリッド・アート部門で、『Nanohana Heels』が「Honorary Mention」を受賞。

同年10月末より開かれた東京都現代美術館の企画展「東京アートミーティング うさぎスマッシュ」[11]に出展。

NHK総合テレビ地球イチバン』で訪れたのがきっかけで、MITメディアラボ創設者ニコラス・ネグロポンテに応募を勧められ、2013年秋よりMITメディアラボの助教に就任。同研究所にデザイン・フィクション・グループを創設。制作拠点をニューヨーク・ボストンに移す。[12][13]

同年11月「VOGUE JAPAN Women of the Year 2013」受賞。

同年11月、初の著書「はみだす力」(宝島社)を出版。

2014年に日経ビジネス「日本の主役100人」に選出。

同年9月からのブルックリン美術館の企画展「Killer Heels」[14]に出展。

同年10月にハーバード大学デザイン大学院で講演。

同年11月に東京芸術大学で特別講演。[15]

2015年、第3回瀬戸内国際芸術祭への初参加が発表される。[16]

エピソード[編集]

  • アーチスト名は高校時代のニックネーム「スプートニク」から。
  • 「生理マシーン、タカシの場合。」で女装する男性を演じたためニューハーフと思われる事があるが、性別は女性。
  • 身長175cm。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

雑誌・新聞記事[編集]

  • Spur(集英社) - 2011年1月号:インタビュー記事、2011年4月号:特集「新しい才能、6人の女性たち」の1人として取り上げられた
  • 装苑文化出版局、2011年1月号) - インタビュー記事
  • ブレーン(宣伝会議、2011年1月号) - 彫刻家の小谷元彦、心理学者の佐藤隆一と鼎談
  • 日本経済新聞(2011年1月1日新年特集) - 紹介記事
  • 夕刊フジ(2011年1月5日) - 「ぴいぷる」欄での紹介記事[1]
  • 翼の王国(全日空機内誌、2011年3月号) - 「ANA MEETS ARTS」のページ
  • DE(Design Exchange)Magazine(2011年春号)[2]
  • Rolling Stone(2011年4月5日) - イタリア版デザイン特集で、今後10年間に影響のある20人のアーチストのひとりに選ばれる[3]
  • 毎日新聞夕刊(2011年6月10日)- 「キャンパる!」でのインタビュー記事[4]、また毎日RTICON欄にも掲載。[17]
  • ユリイカ(2011年8月号「バンクシーとは誰か?」)バンクシーについてのエッセイを執筆
  • GQ JAPAN(2011年9月号、100号記念特別号)「知っておくべき100の最新情報」に選ばれる
  • GINZA(2011年9月号)PRADAの秋冬コレクションのモデルとして参加

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

公式サイト[編集]

インタビュー・対談[編集]