SPARCstation

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1990年代の初期の、サン "ピザボックス型" SPARCstation 1+, 25 MHz SPARCプロセッサ

SPARCstation(スパークステーション), SPARCserver(スパークサーバー), SPARCcenter(スパークセンター)は、サン・マイクロシステムズが開発・販売した、SPARCベースのワークステーションサーバのシリーズである。デスクトップ型、デスクサイド(ペデスタル)型、ラックマウント型が存在する。

最初のSPARCstationは、1989年に発表されたSPARCstation 1(Sun 4/60としても知られている)である。このシリーズは大変人気があった。Sun-4アーキテクチャの派生であり、以前にSun 4/260で導入されていたSun-4cアーキテクチャを使用した。モトローラの最新のプロセッサの開発が遅延したこともあって、SPARCstationシリーズは事業全体として大変成功したものとなった。SPARCstationの名前が付いている最後のモデルはSPARCstation 20である。このシリーズは1995年にSun Ultraシリーズに置き換えられた。

同じモデル番号のデスクトップ/デスクサイドのSPARCstationとSPARCserverは基本的には同一のシステムである。サーバとして指定されているシステムが、通常"ヘッドレス"(つまり、グラフィックスカードとモニタなしの構成)であり、"デスクトップ"ではなく"サーバ"のOSライセンスをあわせて販売されたことが唯一の違いである。例えば、SPARCstation 20とSPARCserver 20は、マザーボードCPU・筐体設計・他の大部分のハードウェア仕様が同一である。

ほとんどのデスクトップのSPARCstationとSPARCserverは、"ピザボックス型"(宅配ピザの箱型)または"ランチボックス型"(弁当箱型)の筐体であり、サンと同じ時期の競合機種に対する、重要な違いであった。SPARCstation 1, 2, 4, 5, 10, 20は"ピザボックス型"である。SPARCstation SLCとELCはSunモノクロモニタ筐体と一体化している。SPARCstation IPC, IPX, SPARCclassic, SPARCclassic X, SPARCstation LXは"ランチボックス型"である。

"ピザボックス型" SPARCstation 20 の正面と背面

品番が"30"または"70"で終わっているSPARCserverモデルは、デスクサイド・ペデスタル型の筐体である(それぞれ、5スロットと12スロットのVMEバスのシャーシ)。品番が"90"で終わるモデルとSPARCcenter 2000はラックマウントキャビネットに格納される。SPARCserver 1000シリーズのフォームファクタは大型のラックマウント可能なデスクトップ型であった。

後のSPARCstationシリーズのSPARCstation 10と20は、MBus高速バスに基づいているため、マルチプロセッサ構成が可能であった。これらのシステムは、シングル又はデュアルプロセッサをパッケージしたMBusモジュールを、1つ又は2つ使用することが出来た。

SPARCserver 600MPシリーズの登場まで、全てのSPARCstation/serverモデルはSun-4シリーズのモデル番号も割り当てられた。後のモデルはSで始まるモデル番号がつけられた。

モデル[編集]

各カテゴリのモデル一覧は、およそ時系列で並べている。

"ピザボックス型" システム[編集]

名称 モデル コードネーム プラットフォーム CPU CPU MHz RAM (MAX) 発表 販売終了 サポート終了
SPARCstation 1 4/60 Campus sun4c 富士通 MB86901A または LSI L64801 20 MHz 64 MB 1999年5月
SPARCstation 1+ 4/65 Campus B sun4c LSI L64801 25 MHz 64 MB 1999年5月
SPARCstation 2 4/75 Calvin sun4c サイプレス CY7C601 40 MHz 128 MB 1999年12月
SPARCstation 10 S10 Campus-2 sun4m SuperSPARC I/II または HyperSPARC 33, 36, 40, 50, 60, 75, 80, 90, 100, 125, 150, 180, 200 MHz 512 MB 1992年5月 1994年10月 1999年10月
SPARCstation 5 S5 Aurora sun4m microSPARC II または TurboSPARC 70, 85, 110, 170 MHz 256 MB 1998年12月
SPARCstation 20 S20 Kodiak sun4m SuperSPARC I/II または hyperSPARC 50, 60, 75, 90, 100, 125, 150, 180, 200 MHz 512 MB 1997年9月
SPARCstation 4 S4 Perigee sun4m microSPARC II 70, 85, 110 MHz 160 MB 1997年7月
SPARC Xterminal 1 S114 Perigee sun4m microSPARC 50 MHz 128 MB

"ランチボックス型" システム[編集]

名称 モデル コードネーム プラットフォーム CPU CPU MHz RAM (MAX) 発表 販売終了 サポート終了
SPARCstation IPC 4/40 Phoenix sun4c 富士通 MB86901A または LSI L64801 25 MHz 48 MB 1999年12月
SPARCstation IPX 4/50 Hobbes sun4c 富士通 MB86903 または Weitek W8701 40 MHz 64 MB 2000年5月
SPARCclassic [1] 4/15 Sunergy sun4m microSPARC 50 MHz 128 MB 1992年11月 1995年5月 2000年5月
SPARCstation LX 4/30 Sunergy sun4m microSPARC 50 MHz 128 MB 1992年11月 / 1993年8月 1994年7月 1999年7月
SPARCstation ZX 4/30 Sunergy sun4m microSPARC 50 MHz 96 MB 1993年8月 1994年4月
SPARCclassic X 4/10 Hamlet sun4m microSPARC 50 MHz 96 MB 1992年11月 1995年5月 2000年5月

^ SPARCclassicは当初、SPARCstation LCと呼ばれていたが、SPARCstation ELCとの混乱を避けるため、発売前に改名された。

モニタ一体型/ポータブル[編集]

名称 モデル コードネーム プラットフォーム CPU CPU MHz RAM (MAX) 発表 販売終了 サポート終了
SPARCstation SLC 4/20 Off-Campus sun4c 富士通 MB86901A, LSI L64801 または LSI LSIS1C0007 20 MHz 16 MB 1996年11月
SPARCstation ELC 4/25 Node Warrior sun4c 富士通 MB86903 または Weitek W8701 33 MHz 64 MB 1998年10月
SPARCstation Voyager S240 Gypsy sun4m microSPARC II 60 MHz 80 MB 1994年3月 1995年12月 2000年12月

サーバ・システム[編集]

名称 モデル コードネーム プラットフォーム CPU CPU MHz RAM (MAX)
SPARCserver 330 4/330 Stingray sun4 サイプレス CY7C601 25 MHz 72 MB
SPARCserver 370 4/370 Stingray sun4 サイプレス CY7C601 25 MHz 72 MB
SPARCserver 390 4/390 Stingray sun4 サイプレス CY7C601 25 MHz 72 MB
SPARCserver 470 4/470 Sunray sun4 サイプレス CY7C601 33 MHz 96 MB
SPARCserver 490 4/490 Sunray sun4 サイプレス CY7C601 33 MHz 96 MB
SPARCserver 630MP S630 Galaxy sun4m サイプレス CY7C601 または SuperSPARC I 40, 50, 60 MHz 1 GB
SPARCserver 670MP S670 Galaxy sun4m サイプレス CY7C601 または SuperSPARC I 40, 50, 60 MHz 1 GB
SPARCserver 690MP S690 Galaxy sun4m サイプレス CY7C601 または SuperSPARC I 40, 50, 60 MHz 1 GB
SPARCserver 1000/1000E S1000 Scorpion sun4d SuperSPARC I/II 40, 50, 60, 85 MHz 2 GB
SPARCcenter 2000/2000E S2000 Dragon sun4d SuperSPARC I/II 40, 50, 60, 85 MHz 5 GB

上記の構成は、サン・マイクロシステムズがサポートしている構成であることに注意。SPARCstation/serverシステムでは、各種のサードパーティによるプロセッサアップグレードが利用可能であった。例えば、SPARCstation 2やIPXに搭載するための80 MHzのWeitek POWER μPや、最大200 MHzのクロックスピードで動作するRoss HyperSPARC MBusモジュールの利用が可能であった。また、上で述べたとおり、SPARCstationとして発表されている一部のモデルはSPARCserverとしても利用可能であり、逆が可能な場合もあった。

外部リンク[編集]