Sun Ray

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sun Ray 1本体
Sun Ray 1が起動しているところ。接続先はJava Desktop Systemが表示されている
Sun Ray 2FS

Sun Ray(さんれい)とはオラクル(以前はサン・マイクロシステムズ)が発売しているシンクライアントシリーズないしソリューションとしての総称。

概要[編集]

シンクライアントとしてはサーバベース方式に属する。現在のラインナップは以下の通り。

ハードウェア[編集]


このほか、アメリカでは別業者がサンからのOEM製品を販売している(英語版を参照)。

ソフトウェア[編集]

  • Sun Ray Software - サーバ管理ソフト。Windows系とのリモート接続(ターミナルサービス)もサポートしている。
  • Sun Secure Global Desktop Software - 関連製品。元Tarantella製品のそれを改良したもの。Windowsや主だったUNIX系OSにJavaをサポートしたウェブブラウザを介してリモート接続ができる。

その他[編集]

  • Sun Ray Softwareはサポートがいらないのであれば無償で入手可能である[1]ので、Sun Rayクライアントと昨今の捨て値売りサーバを用いれば、7万円程度からシステムが組める。ただし90日以上の継続使用にはシートライセンスが必要である(約1万5000円/接続)。
  • 2007年10月にはFelica PKI認証にも対応[2][3]ソニー経由のソリューションになる)。これにより、オプショナルではあるがWindows認証にも対応した。

外部リンク[編集]