OpenSPARC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

OpenSPARC(オープンスパーク)は、2005年12月に開始されたオープンソースハードウェアのプロジェクトである。プロジェクトへの最初の貢献は、サン・マイクロシステムズによって行われた。サンは完全な64ビット・32スレッドマイクロプロセッサであるUltraSPARC T1プロセッサの、レジスタ転送レベル(RTL)のVerilogコードを寄付した。2006年3月21日に、サンはUltraSPARC T1のIPコアのソースコードをGPLで公開した。

2007年12月11日に、サンはUltraSPARC T2プロセッサのRTLについてもOpenSPARCプロジェクトを通して利用できるようにした。[1]

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ Sun Accelerates Grown of UltraSPARC CMT Eco System”. Sun Microsystems (2007年12月11日). 2008年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]