KH-9

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KH-9 Hexagon during assembly by Lockheed

KH-9、または、KH-9・ヘキサゴン(英:KH-9 HEXAGON)、とは、アメリカ合衆国画像偵察衛星のシリーズ名である。この衛星は1971年から1986年にかけて打ち上げられていた。一般的には「ビッグバード」(Big Bird)という名称で知られていた。[1]アメリカ空軍により20回の打ち上げが実施され、そのうち最後の1回の失敗を除いて成功した。ビッグバードに搭載されていた写真フィルムはフィルムリターン用の地上帰還カプセルに詰めて地上に送り返され、現像処理を施されて、写真に撮られている地上物体が何であるのかを解析される。メインカメラで到達可能な地上解像度の最高限度は、0.6メートル以上であった[2]

この衛星プロジェクトは、公的には広域撮影光学偵察衛星(Broad Coverage Photo Reconnaissance satellitesCode 467)としても知られていた。この衛星はアメリカ国家偵察局(NRO)を納入先として、ロッキードで製造されていた。[1]

KH-9は2011年9月に機密解除された。実際の衛星本体が一日限りで一般公開された[3][4]

2012年1月26日、国立アメリカ空軍博物館はKH-9を先任の偵察衛星であるKH-7 GAMBITKH-8 GAMBIT 3と共に展示品の列に加えた。[5]

開発[編集]

KH-9の外観と諸元

KH-9計画は、1960年代初頭には、既にその原型となるものが考案されていたことが確認できる。これは、コロナ偵察衛星の後継機として試案がなされていた。その目標は、地表の広大な地域を中解像度のカメラでくまなく調査することである。KH-9衛星は2台のメインカメラを搭載して地表を撮影していたが、いくつかのミッションでは、地図作成用のごく荒い解像度でしか取れないマッピングカメラも一緒に搭載していた。カメラが地表を撮影し、感光された写真フィルムは、回収可能な大気圏再突入カプセルに詰められ、地球に帰ってくる。フィルム容器は地上・水上に着地・着水する前に専用の飛行機で空中回収される。大抵のミッションでは、再突入カプセルが4つ搭載されていた。マッピングカメラ搭載時には、そのフィルム回収用に5個目のカプセルが取り付けられていた。

1970年代の中盤から、コネチカット州ダンベリー英語版の1,000人を超す人々が、秘密プロジェクトで働いていた。[6]

1966年9月から1967年7月までの期間にわたって、ヘキサゴンを構成するサブシステムの作成を請け負う協力企業の選定が行われた。それぞれ、LMSC英語版は衛星の基礎組み立て品(Satellite Basic AssemblySBA)を、パーキンエルマー英語版が主要センサーサブシステム(Sensor SubsystemSS)を、マクドネルが再突入カプセル(Reentry VehicleRV)を、アイテク英語版がステラ・インデックスカメラ(Stellar Index cameraSI)の各構成部品を担当することになった。衛星1号機(Satellite Vehicle 1SV-1)の統合と地上テストは1971年5月に完了し、引き続いて70フィート・コンテナに梱包されてヴァンデンバーグ空軍基地に輸送された。一号機打ち上げ以降でも改良が続けられ、最終的には、KH-9・ヘキサゴン偵察衛星には4つの世代(「開発ブロック」)が存在した。KH9-7号機 (1207) がブロック2Block-II)のパノラマカメラとSBAを搭載した衛星の中で最初に打ち上げられた物であった。13号機から18号機までのブロック3Block-III)では、衛星の電力供給系と蓄電池に改良を施された。軌道調整システム(Orbit Adjust SystemOAS)に2基のタンクがアルレージ・コントロールとして追加され、姿勢制御システム(Reaction Control SystemRCS)に追加された新しいスラスタはKH-9の運用可能なライフタイムの延長に役立つことを期待された。加えるに、フィルム搬送システムのための窒素充填機、カメラの容器に改良が施された。ブロック4Block-IV)では、メッキ線メモリ英語版を使用した拡張コマンドシステムが搭載された[7]

プログラムの実施期間を超えて、個々の衛星のライフタイムは安定したペースで増加した。最後に打ち上げられたKH-9は、275日間にわたって運用され続けた。衛星には質量の違うバージョンがある。一番重かったのは11,400キログラムのものか、若しくは、13,300キログラムのものである。

メインカメラ[編集]

メインカメラに入射する光の経路
打ち上げ番号が1番から18番までの衛星に搭載されたメインカメラにより達成できた地上解像度

メインカメラシステムはステレオ画像を撮れるよう設計されていた。衛星の左舷側にある前下方視界カメラ、及び、衛星の右舷側にある後下方視界カメラの2台を使い、動物における立体視のようにして偵察用画像を取得していた。カメラの光学レイアウトは、焦点距離60 in (1.5 m)でf/3.0の、光の経路に折り畳のあるライトシュミットカメラ英語版で構成されていた。このカメラで採用されているライトシュミット式とは、反射式天体望遠鏡の1方式であるシュミットカメラシュミット式望遠鏡:(en))を改良したものである。システムの口径は、直径20 in (0.51 m)のシュミット補正板で決定された。この、コレクタープレートともいうガラス製の円板は、ライト・デザインでの球面収差を除去するために設置されていた。各カメラにおいて、衛星から俯瞰できる地上の光景は、シュミット補正板を通り抜けて、角度45°の平面鏡で跳ね返され、直径0.91 m (36 in)の凹面の主鏡に導かれる。主鏡は、平面鏡の中央にある開口部を通るように光を誘導し、光は4枚構成のレンズシステムに入射する。光は最終的に、レンズ群の直ぐ後ろにあるフィルム用プラテン英語版で位置を固定された写真フィルムを感光させる。搭載されたカメラは、隣接する地域なら角度にして120°までの領域を走査することが可能であり、後期改良型において2 ft (0.61 m)以上の地上解像度を達成することができた[2][8]

地図製作用の地表画像撮影[編集]

ミッション1205から1216にかけての偵察任務では、衛星に「マッピングカメラ」("mapping camera"、「フレームカメラ」"frame camera"としても知られている物)を搭載していた。このカメラは9インチフィルムを使用し、30 ft (9 m)と地図製作には丁度良い位の低解像度であった。後のミッションでは、解像度は20 ft (6 m)にまで向上している。[9]この値はランドサットの解像度よりも多少良い位である。1973年から1980年にかけて、地図製作のために、このカメラは任務の特性上、本質的に地球全球を覆う範囲をくまなく撮影した。[10]この衛星のカメラで撮影された画像の枚数は、29,000枚に上り、これらの画像の撮影範囲は、3400平方キロメートルになる。これらのほぼ全ての画像は、2002年、大統領令第12951号により機密解除された。[11]この命令により、コロナ計画も機密指定を解かれ、また、撮影したフィルムのコピーはアメリカ地質調査所の地球資源観測システム局(Earth Resources Observation Systems officeUSGS/EROS)へと輸送、移管された。マッピングカメラでイスラエルの域内を撮影した画像、及び、KH-9の他のカメラ(例えばメインカメラ)で撮影した全画像は厚い機密のベールの向こうにおかれたままである。[12]

KH-9は、KH-10 DORIANとコードネームが付けられた有人軌道実験室のバックアップ・プロジェクトでは絶対にない。これは、全く独立に、コロナの置き換えを意図して開発されたものであった。[要出典]

超高層における大気密度[編集]

打ち上げ番号1205から1207にかけての偵察ミッションでは、ドップラー・ビーコンを搭載していた。[13]このセンサーは、衛星の軌道暦の予測に与える影響を理解するための試みとして、高高度における大気密度の濃淡がどのように分布しているかを測定するために搭載されていた。[14][15]大気密度の測定結果はNASAを通じて公表された。[16]

ELINT用の副衛星[編集]

打ち上げ番号1203、1207、1208、1209、及び、1212 から 1219 にかけてのミッションでは、フェレットという電子諜報用のサブ衛星を伴って打ち上げられていた。これらのピギーバック衛星として打ち上げられた小型衛星は、より高高度を飛ぶ軌道に投入され、ソビエト連邦の防空網を構成するレーダーサイトをカタログに起こすこと、音声を通信傍受すること、ミサイルと衛星のテレメトリをテープに記録することを目的としていた。打ち上げ番号1210 から 1212までのミッションでも、他と同様に科学調査目的のサブ衛星も一緒に打ち上げられた。[17][18][19][20][21][22][23][24][25]

KH-9の打ち上げミッションの一覧[編集]

名称 世代[7] ミッション番号 打ち上げ日時 NSSDC ID 別名 打ち上げ機 軌道 軌道減衰日時
KH9-1 I 1201 1971 June 15 1971-056A[26] OPS 7809 タイタンIIID英語版 184.0 km × 300.0 km, i=96.4° 1971 Aug 06[27]
KH9-2 I 1202 1972 Jan 20 1972-002A[28] OPS 1737 タイタンIIID 157.0 km × 331.0 km, i=97.0° 1972 Feb 29[29]
KH9-3 I 1203 1972 Jul 7 1972-052A[30] OPS 7293 タイタンIIID 174.0 km × 251.0 km, i=96.9° 1972 Sep 13[31]
KH9-4 I 1204 1972 Oct 10 1972-079A[32] OPS 8314 タイタンIIID 160.0 km × 281.0 km, i=96.5° 1973 Jan 08[33]
KH9-5 I 1205 1973 Mar 9 1973-014A[34] OPS 8410 タイタンIIID 152.0 km × 270.0 km, i=95.7° 1973 May 19[35]
KH9-6 I 1206 1973 Jul 13 1973-043A[36] OPS 8261 タイタンIIID 156.0 km × 269.0 km, i=96.2° 1973 Oct 12[37]
KH9-7 II 1207 1973 Nov 10 1973-088A[38] OPS 6630 タイタンIIID 159.0 km × 275.0 km, i=96.9° 1974 Mar 13[39]
KH9-8 II 1208 1974 Apr 10 1974-020A[40] OPS 6245 タイタンIIID 153.0 km × 285.0 km, i=94.5° 1974 Jul 28[41]
KH9-9 II 1209 1974 Oct 29 1974-085A[42] OPS 7122 タイタンIIID 162.0 km × 271.0 km, i=96.7° 1975 Mar 19[43]
KH9-10 II 1210 1975 Jun 8 1975-051A[44] OPS 6381 タイタンIIID 157.0 km × 234.0 km, i=96.3° 1975 Nov 05[45]
KH9-11 II 1211 1975 Dec 4 1975-114A[46] OPS 4428 タイタンIIID 157.0 km × 234.0 km, i=96.7° 1976 Apr 01[47]
KH9-12 II 1212 1976 Jul 8 1976-065A[48] OPS 4699 タイタンIIID 159.0 km × 242.0 km, i=97.0° 1976 Dec 13[49]
KH9-13 III 1213 1977 Jun 27 1977-056A[50] OPS 4800 タイタンIIID 155.0 km × 239.0 km, i=97.0° 1977 Dec 23[51]
KH9-14 III 1214 1978 Mar 16 1979-029A[52] OPS 0460 タイタンIIID 172.0 km × 218.0 km, i=96.4° 1978 Sep 11[53]
KH9-15 III 1215 1979 Mar 16 1979-025A[54] OPS 3854 タイタンIIID 177.0 km × 256.0 km, i=96.3° 1979 Sep 22[55]
KH9-16 III 1216 1980 Jun 18 1980-052A[56] OPS 3123 タイタンIIID 169.0 km × 265.0 km, i=96.5° 1981 Mar 06[57]
KH9-17 III 1217 1982 May 11 1982-041A[58] OPS 5642 タイタンIIID 177.0 km × 262.0 km, i=96.4° 1982 Dec 05[59]
KH9-18 III 1218 1983 Jun 20 1983-060A[60] OPS 0721 タイタン 34D 163.0 km × 224.0 km, i=96.4° 1984 Mar 21[61]
KH9-19 IV 1219 1984 Jun 25 1984-065A[62] USA 2 タイタン34D 170.0 km × 230.0 km, i=96.5° 1984 Oct 18[63]
KH9-20 IV 1220 1986 Apr 18 1986-F03 (打ち上げ失敗) タイタン34D

(NSSDC ID Numbers: See COSPAR)

コスト[編集]

KH-9計画の総数20回を数えた打ち上げに掛かった総経費は、1966年度から1986年度にかけての予算請求によると、年度ごとに32億6200万USドルの費用が掛かっていた。[7]

仕様諸元[編集]

データの出典: The Encyclopedia of US Spacecraft[1] and NSSDC

  • 打ち上げ用ロケットタイタンIIID/同34D
  • 総重量: 11,400 kg (25,000 lb)、マッピングカメラ込みで13,300 kg (29,000 lb)
  • 再突入時の重量: 5,330 kg (11,800 lb)[64]
  • 最大直径(衛星本体): 3.05 m (120 in)[64]
  • 長さ(マッピングカメラ込み): 16.21 m (638 in)[64]
  • 軌道要素: 楕円軌道、近地点高度 100マイル × 遠地点高度 150マイル
  • ミッション用観測機器: television, radio, and high resolution camera

関連項目[編集]

その他のアメリカ合衆国が打ち上げた画像偵察衛星:

ギャラリ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Yenne, Bill (1985). The Encyclopedia of US Spacecraft. Exeter Books (A Bison Book), New York. ISBN 0-671-07580-2. p.32 Big Bird
  2. ^ a b Gerald K. Haines (1997年). “Critical to US Security: the development of the GAMBIT and HEXAGON satellite reconnaissance system”. National Reconnaissance Office. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ http://www.fas.org/blog/secrecy/2011/09/nro_50th.html
  4. ^ http://www.space.com/12996-secret-spy-satellites-declassified-nro.html
  5. ^ Cohen, Aubrey, "Three former spy satellites go on display", w:Seattle Post-Intelligencer, Thursday, January 26, 2012
  6. ^ Decades Later, a Cold War Secret Is Revealed Published December 25, 2011 | Associated Press http://www.foxnews.com/us/2011/12/26/decades-later-cold-war-secret-is-revealed/
  7. ^ a b c The HEXAGON story”. National Reconnaissance Office (1988年). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  8. ^ Richard J. Chester (1985年). “A history of the HEXAGON program”. National Reconnaissance Office. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  9. ^ NRO's Review & Redaction Guide (RRG), 2008”. NRO. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  10. ^ NARA ARC database description of "Keyhole-9 (KH-9) Satellite Imagery", accession number NN3-263-02-011
  11. ^ National Archives Releases Recently Declassified Satellite Imagery”. w:National Archives and Records Administration press release (2002年10月9日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  12. ^ NIMA Sponsors Historical Imagery Declassification Conference America's Eyes: What We Were Seeing”. w:National Geospatial-Intelligence Agency. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  13. ^ Barbara Pope (2006年4月28日). “NIMS file by satellite name”. NASA. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  14. ^ James N. Bass, Krishin H. Bhavnani, Isabel M. Hussey (1975年4月1日). “Atmospheric Density Determination from Analysis of Doppler Beacon Satellite Data”. Air Force Cambridge Research Labs, Hanscom AFB. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  15. ^ K.S.W. Champion, J.M. Forves (1976年). “Atmospheric drag analyses of low-altitude Doppler beacon satellites”. New Mexico State University. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  16. ^ Scott F. Large (2002年10月9日). “National Reconnaissance Office Review and Redaction Guide: Version 1.0 2008 Edition”. NRO. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  17. ^ 1972-052C”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  18. ^ 1973-088B”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  19. ^ 1974-020B”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  20. ^ 1974-020C”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  21. ^ 1974-085B”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  22. ^ 1976-065B”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  23. ^ 1976-065C”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  24. ^ 1984-065C”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  25. ^ Day, Dwayne (2009年4月27日). “Robotic ravens: American ferret satellite operations during the Cold War” (en). thespacereview.com. 2014年9月3日閲覧。
  26. ^ 1971-056A
  27. ^ KH 9-01”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  28. ^ 1972-002A
  29. ^ KH 9-02”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  30. ^ 1972-052A
  31. ^ KH 9-03”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  32. ^ 1972-079A
  33. ^ KH 9-04”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  34. ^ 1973-014A
  35. ^ KH 9-05”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  36. ^ 1973-043A
  37. ^ KH 9-06”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  38. ^ 1973-088A
  39. ^ KH 9-07”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  40. ^ 1974-020A
  41. ^ KH 9-08”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  42. ^ 1974-085A
  43. ^ KH 9-09”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  44. ^ 1975-051A
  45. ^ KH 9-10”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  46. ^ 1975-114A
  47. ^ KH 9-11”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  48. ^ 1976-065A
  49. ^ KH 9-12”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  50. ^ 1977-056A
  51. ^ KH 9-13”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  52. ^ 1979-029A
  53. ^ KH 9-14”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  54. ^ 1979-025A
  55. ^ KH 9-15”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  56. ^ 1980-052A
  57. ^ KH 9-16”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  58. ^ 1982-041A
  59. ^ KH 9-17”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  60. ^ 1983-060A
  61. ^ KH 9-18”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  62. ^ 1984-065A
  63. ^ 1984-065A”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  64. ^ a b c Stern, Richard G. (2008年8月5日). “Reentry Breakup and Survivability Characteristics of the Vehicle Atmospheric Survivability Project (VASP) Vehicles”. dtic.mil. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。

外部リンク[編集]