KH-8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガンビット3、及びアジェナDの模式図

KH-8(読み:ケーエッチ-はち)(コードネーム: GAMBIT 3, Gambit 3, gambit 3、読み:「ガンビット3」、または「ギャンビット・3」)とは、1966年7月から1984年4月までの長期にわたり使い続けられたアメリカ合衆国偵察衛星であり、「キーホール」("Key Hole"、KH)シリーズのうちの一つである[1][2]。この衛星はまた「低高度監視活動プラットフォーム」(Low Altitude Surveillance Platform)としても知られている[3]。この衛星は写真フィルムとカメラを搭載し、撮影済みのフィルムだけを再突入カプセルに入れて回収する、フィルムリターン方式を採用した偵察衛星だった。カプセルは大気圏内をパラシュートで降下した後、空中回収された。偵察衛星の地上解像度は、最も粗いときでも0.5メートルを確保しており、通常はもっと高精細な画像を送り届けていた。衛星の総重量は3,000キログラムだった。全54回の打ち上げを計画し、すべてヴァンデンバーグ空軍基地からタイタン・ロケットの派生型であるタイタンIIIBで打ち上げられた。KH-8はロッキードで生産された。カメラシステム及び衛星本体は、KH-7に引き続き、ニューヨーク・ロチェスターにあるイーストマン・コダックのA&O部門で生産された。

チェスにおける序盤戦の指し手」、「交渉を有利に進めるための駆け引きの技術、話術、会話における話しの切り出し方」を意味することばである"GAMBIT"というコードネームは、前任の偵察衛星であるKH-7 GAMBITから引き継いだものである。

カメラ・オプティクス・モジュール[編集]

KH-8 GAMBIT-3の写真撮影を担当する搭載区画(フォトグラフィック・ペイロード・セクション)
KH-8・フォトグラフィック・ペイロード・セクションの実写

KH-8のカメラ光学機構部(カメラオプティクスモジュール、Camera Optics ModuleCOM)は4台のカメラで構成されている。

1971年に導入された、KH-8B型の主カメラ(メインカメラ)は、175.6 in (4.46 m)の焦点距離があるシングルストリップカメラであり、地上目標の高解像写真を撮影できるよう設計されていた。ストリップカメラでは、地表画像は、地上からの指令で操作ができる平面鏡で反射され、直径1.21 m (48 in)の固定式凹面鏡の主鏡に入射される。主鏡は光を反射させ、この光の通路となる平面鏡中央部の円形にくりぬかれた穴を通過させ、ロスコレクタに導く。衛星の近地点高度である75海里 (139 km)上空では、メインカメラは、小さなスリット状開口部を通じ、フィルムを感光させる。撮影に際し、フィルムは可動距離8.811 in (223.8 mm)のフィルム可動部に載せられており、滑動した。地上撮影幅は幅6.3キロメートルだった。結果、イメージスケールは28メートル/ミリメートルにすることが可能だった[4][5]。恒星位置・地形カメラ(Astro-Position Terrain Camera:APTC)部分には、焦点距離75ミリメートルの地形フレームカメラ1台、焦点距離90ミリメートルの恒星カメラが2台、計3台のカメラで構成されていた。地形フレームカメラとは、衛星本体がローリングした時にカメラが向いていた地表の露出を取り、姿勢を検出するのに使われるカメラだった。恒星カメラは地形カメラと180度反対側の方向を観測し、星が広がる宇宙空間の撮影をおこない、スタートラッカーのような機能を提供した[4]

KH-8に使用された写真フィルムはコダック製である。この写真フィルムは、初期版の1ミリメートル当り50から100ラインの解像度を持つ3404型(Type 3404)に始まり、衛星の高度化と共に、連綿と続く高精細なフィルムへの改良を加えられてきた[6]。その後、偵察用途として引き続き使用されたフィルムには、1414型(Type 1414)高解像度フィルム、SO-217高精細・細粒質フィルム、及びハロゲン化銀の結晶サイズと形状が非常に良く揃っているフィルムシリーズが使われていた。ハロゲン化銀の結晶粒子サイズは、フィルムの改良とともにそのサイズを小さくしていった。SO-315タイプ写真フィルムにおける粒子サイズは1,550オングストロームであったが、さらにSO-312タイプの1,200オングストロームを経て、究極的にはSO-409タイプの900オングストロームという細粒度を成し遂げた[7]

GAMBIT衛星は最適条件下において、上述のイーストマン・コダック・タイプ3404フィルムを使用し、小ささで表記すれば0.28メートル (0.9 ft)から0.56メートル (1.8 ft)ほどの大きさの地上目標を写真に記録することができたと推測される。コダック・タイプ3409と同等の解像度がある、1ミリメートル当たり320から630対の線が写し込める高精細フィルムを使ったと仮定すれば、GAMBITは5センチから6センチ(2インチから4インチ) 程の非常に小さな地上目標を撮影することができた可能性がある[8]。GAMBITシステムが実際に達成できただろう最高の地上解像度がどれ程のものだったのかは、2012年現在に至るも機密のままである[7]。GAMBITは軌道上にある物体を撮影することも可能だった。この能力はソビエト連邦の宇宙機を写真撮影するために開発されたものだったが、最初にその能力を活かす機会が訪れたのは、NASAのエンジニアからの要請で、1973年の打ち上げで損傷を負ったスカイラブ宇宙ステーションの修繕計画を練るための撮影依頼だった[9]

打ち上げ一覧[編集]

KH-8衛星の打ち上げからフィルム回収、軌道離脱までのミッション手順を描いた図
1968年9月19日、KH-8衛星で撮影された旧ソ連N-1月ロケット
名称 ブロック[10] 打ち上げ日時 別名 NSSDC ID No. 打ち上げ機 軌道 軌道離脱
KH8-1 I 1966-07-29 OPS-3014 1966-069A Titan IIIB 158.0 km x 250.0 km, i=94.1° 1966-08-06[11]
KH8-2 I 1966-09-28 OPS-4096 1966-086A Titan IIIB
KH8-3 I 1966-12-14 OPS-8968 1966-113A Titan IIIB
KH8-4 I 1967-02-24 OPS-4204 1967-016A Titan IIIB
KH8-5 I 1967-04-26 OPS-4243 1967-F04, 1967-003X Titan IIIB no stable orbit 1967-04-26
KH8-6 I 1967-06-20 OPS-4282 1967-064A Titan IIIB
KH8-7 I 1967-08-16 OPS-4886 1967-079A Titan IIIB
KH8-8 I 1967-09-19 OPS-4941 1967-090A Titan IIIB
KH8-9 I 1967-10-25 OPS-4995 1967-103A Titan IIIB
KH8-10 I 1967-12-05 OPS-5000 1967-121A Titan IIIB
KH8-11 I 1968-01-18 OPS-5028 1968-005A Titan IIIB
KH8-12 I 1968-03-13 OPS-5057 1968-018A Titan IIIB
KH8-13 I 1968-04-17 OPS-5105 1968-031A Titan IIIB
KH8-14 I 1968-06-05 OPS-5138 1968-047A Titan IIIB
KH8-15 I 1968-08-06 OPS-5187 1968-064A Titan IIIB
KH8-16 I 1968-09-10 OPS-5247 1968-074A Titan IIIB
KH8-17 I 1968-11-06 OPS-5296 1968-099A Titan IIIB
KH8-18 I 1968-12-04 OPS-6518 1968-108A Titan IIIB
KH8-19 I 1969-01-22 OPS-7585 1969-007A Titan IIIB
KH8-20 I 1969-03-04 OPS-4248 1969-019A Titan IIIB
KH8-21 I 1969-04-15 OPS-5310 1969-039A Titan IIIB
KH8-22 I 1969-06-03 OPS-1077 1969-050A Titan IIIB
KH8-23 II 1969-08-23 OPS-7807 1969-074A Titan 23B
KH8-24 II 1969-10-24 OPS-8455 1969-095A Titan 23B
KH8-25 II 1970-01-14 OPS-6531 1970-002A Titan 23B
KH8-26 II 1970-04-15 OPS-2863 1970-031A Titan 23B
KH8-27 II 1970-06-25 OPS-6820 1970-048A Titan 23B
KH8-28 II 1970-08-18 OPS-7874 1970-061A Titan 23B
KH8-29 II 1970-10-23 OPS-7568 1970-090A Titan 23B
KH8-30 II 1971-01-21 OPS-7776 1971-005A Titan 23B 139.0 km x 418.0 km, i=110.8° 1971-02-09[12]
KH8-31 II 1971-04-22 OPS-7899 1971-033A Titan 23B 132.0 km x 401.0 km, i=110.9° 1971-05-13[13]
KH8-32 II 1971-08-12 OPS-8607 1971-070A Titan 24B 137.0 km x 424.0 km, i=111.0° 1971-09-03[14]
KH8-33 II 1971-10-23 OPS-7616 1971-092A Titan 24B 134.0 km x 416.0 km, i=110.9° 1971-11-17[15]
KH8-34 II 1972-03-17 OPS-1678 1972-016A Titan 24B 131.0 km x 409.0 km, i=111.0° 1972-04-11[16]
KH8-35 II 1972-05-20 OPS-6574 1972-F03 Titan 24B failed to reach orbit
KH8-36 II 1972-09-01 OPS-8888 1972-068A Titan 24B 140.0 km x 380.0 km, i=110.5° 1972-09-30[17]
KH8-37 III 1972-12-21 OPS-3978 1972-103A Titan 24B 139.0 km x 378.0 km, i=110.5° 1973-01-23[18]
KH8-38 III 1973-05-16 OPS-2093 1973-028A Titan 24B 139.0 km x 399.0 km, i=110.5° 1973-06-13[19]
KH8-39 III 1973-06-26 OPS-4018 1973-F04 Titan 24B failed to reach orbit (mix-up with KH8-38 in NSSDC)
KH8-40 III 1973-09-27 OPS-6275 1973-068A Titan 24B 131.0 km x 385.0 km, i=110.5° 1973-10-29[20]
KH8-41 III 1974-02-13 OPS-6889 1974-007A Titan 24B 134.0 km x 393.0 km, i=110.4° 1974-03-17[21]
KH8-42 III 1974-06-06 OPS-1776 1974-042A Titan 24B 136.0 km x 394.0 km, i=110.5° 1974-07-24[22]
KH8-43 III 1974-08-14 OPS-3004 1974-065A Titan 24B 135.0 km x 402.0 km, i=110.5° 1974-09-29[23]
KH8-44 III 1975-04-18 OPS-4883 1975-032A Titan 24B 134.0 km x 401.0 km, i=110.5° 1975-06-05[24]
KH8-45 III 1975-10-09 OPS-5499 1975-098A Titan 24B 125.0 km x 356.0 km, i=96.4° 1975-11-30[25]
KH8-46 III 1976-03-22 OPS-7600 1976-027A Titan 24B 125.0 km x 347.0 km, i=96.4° 1976-05-18[26]
KH8-47 III 1976-09-15 OPS-8533 1976-094A Titan 24B 135.0 km x 330.0 km, i=96.4° 1976-11-05[27]
KH8-48 IV 1977-03-13 OPS-4915 1977-019A Titan 24B 124.0 km x 348.0 km, i=96.4° 1977-05-26[28]
KH8-49 IV 1977-09-23 OPS-7471 1977-094A Titan 24B 125.0 km x 352.0 km, i=96.5° 1977-12-08[29]
KH8-50 IV 1979-05-28 OPS-7164 1979-044A Titan 24B 124.0 km x 305.0 km, i=96.4° 1979-08-26[30]
KH8-51 IV 1981-02-28 OPS-1166 1981-019A Titan 24B 138.0 km x 336.0 km, i=96.4° 1981-06-20[31]
KH8-52 IV 1982-01-21 OPS-2849 1982-006A Titan 24B 630.0 km x 641.0 km, i=97.4° 1982-05-23[32]
KH8-53 IV 1983-04-15 OPS-2925 1983-032A Titan 24B 124.0 km x 254.0 km, i=96.5° 1983-08-21[33]
KH8-54 IV 1984-04-17 OPS-8424 1984-039A Titan 24B 127.0 km x 235.0 km, i=96.4° 1984-08-13[34]

(NSSDC ID Numbers: See COSPAR)

経費[編集]

1964年から1985年までの予算請求に基づき、54回を数えたKH-8計画の打ち上げの総コストを算出してみると、一年度あたりの総費用は23億USドルの要求がなされていた。ただしこれは総額から一時的なコストを差し引いている[10]

関連項目[編集]

その他のアメリカ合衆国の画像偵察衛星
打ち上げに使用されたロケット
その他

出典[編集]

  • Mark Wade (August 9, 2003). KH-8. Encyclopedia Astronautica. Accessed April 23, 2004.
  • KH-8 Gambit. GlobalSecurity.org
  1. ^ GAMBIT 3 (KH-8) Fact Sheet”. US National Reconnaissance Office. 2011年9月18日閲覧。
  2. ^ Richelson, Jeffrey (1987). American espionage and the Soviet target. W. Morrow. p. 195. ISBN 978-0-688-06753-3. 
  3. ^ Global Security Space Systems IMINT Overview LASP
  4. ^ a b KH-8 Camera System”. National Reconnaissance Office (1970年). 2012年7月閲覧。
  5. ^ Day, Dwayne A. (2010年11月29日). “Ike’s gambit: The development and operations of the KH-7 and KH-8 spy satellites”. www.thespacereview.com. 2009年1月25日閲覧。
  6. ^ KODAK PLUS-X AERECON II Film 3404”. Kodak (2005年11月28日). 2012年7月閲覧。
  7. ^ a b The GAMBIT Story”. National Reconnaissance Office (1991年6月). 2012年7月閲覧。
  8. ^ KODAK AERECON High Altitude Film 3409”. Kodak (2005年11月28日). 2012年7月閲覧。
  9. ^ Day, Dwayne Allen (2012年6月11日). “Out of the black”. The Space Review. http://www.thespacereview.com/article/2100/1 2012年6月11日閲覧。 
  10. ^ a b The GAMBIT story”. National Reconnaissance Office (1991年6月). 2012年7月閲覧。
  11. ^ KH 8-01”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  12. ^ KH 8-30”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  13. ^ KH 8-31”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  14. ^ KH 8-32”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  15. ^ KH 8-33”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  16. ^ KH 8-34”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  17. ^ KH 8-36”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  18. ^ KH 8-37”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  19. ^ KH 8-38”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  20. ^ KH 8-40”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  21. ^ KH 8-41”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  22. ^ KH 8-42”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  23. ^ KH 8-43”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  24. ^ KH 8-44”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  25. ^ KH 8-45”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  26. ^ KH 8-46”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  27. ^ KH 8-47”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  28. ^ KH 8-48”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  29. ^ KH 8-49”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  30. ^ KH 8-50”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  31. ^ KH 8-51”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  32. ^ KH 8-52”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  33. ^ KH 8-53”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。
  34. ^ KH 8-54”. NASA National Space Science Data Center (2010年10月8日). 2012年7月閲覧。