アメリカ海軍広域海上監視システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカ海軍広域海上監視システム (Naval Ocean Surveillance System ; NOSS)は、1970年代の始めから、アメリカ海軍のためにエリント (Electronic intelligence ; ELINT)活動を実施して来た、一つあるいは複数のシギント (SIGINT ; Signals intelligence ; 信号諜報)偵察衛星システムである。 このシステムの存在および名称は公式には明らかにされておらず、NOSS は軍事ワッチャーなどが便宜的につけた通称の一つである。 この他にも White CloudPARCAEClassic WizardSB-WASSRANGER など多数の通称が知られており (後述)、この中に実際のプロジェクト名に近いものが存在する可能性がある[1]

2013年8月30日にワシントン・ポスト紙は、エドワード・スノーデンがリークした資料の中に含まれていた米国政府の諜報プログラムの2013会計年度予算の米国議会への予算説明書 (National Intelligence Program - FY 2013 Congressional Budget Justification) から、今まで謎に包まれていた米国の諜報活動に関する新たな事実が判明したと報じた[2]。この資料の中には複数のスパイ衛星の名称が記述されており、NOSS-3 (後述) に該当する衛星の正式名称は INTRUDER であることが明らかになった [3]。このリーク資料の一部はCryptomeで閲覧可能である [4]

NOSS トリプレット(右の3角形)が月の近くを通過。地上から見るとトリプレットは月の視角よりかなり大きいことに注意。
NOSS 3-4 ペア (2007-027A & C) がプレアデス星団を横断中。写真の露光は10秒で、衛星は画面の上から下に向かって A衛星(下側の線)が先行で運動している。

概要[編集]

このシステムはアメリカ海軍により運用され、冷戦下においては、その主要な目的は、ソ連艦隊戦術的位置測定であった。NOSS衛星は、単独の衛星ではなく、ほぼ同じ低軌道(low Earth orbit ; LEO)上を、60kmから100km離れて飛ぶ3つの衛星が衛星コンステレーションとして1つの組(トリプレット)を作って、海上の船舶からの無線送信波の探知を行う。これは3つの衛星への電波到着時刻差 (Time Difference Of Arrival)から、送信源の位置を割り出すためと言われている [1] [5]。なお、この特徴的なトリプレットの配置は、上の写真でもわかるように地上から非常に発見しやすく、秘匿性が非常に高いシステムであるにもかかわらず、その存在と運用状況の一部が軍事ワッチャーなどに広く知られる最大の原因となっている。

NOSS衛星の代表的な軌道は、高度約1100km、軌道傾斜角63.4度のほぼ円軌道で、周回周期は約107分である。現時点でも、4組以上のNOSSが異なる軌道上に配備され、地球の海上全域の常時監視を実施していると考えられている [5]

なお、本システムによって生成された情報は、JICやCVICなどのインテリジェンス・センターにより加工されたのち、統合同軸報送信サービスによって各部隊に配信される。

沿革[編集]

NOSSの先駆となるのは、1962年から1971年にかけて打上げられたポピー (Poppy) 衛星である。1971年に打上げられたポピー7号では、衛星トリプレットが展開されている。これらは NOSSの試験衛星と考えられている[5]

1976年から1987年にかけてアトラスロケットにより打上げられた一連の実用NOSS衛星のシリーズを軍事ワッチャーたちは便宜的に NOSS-1 と呼んでいる。 前述の通称のうち White CloudPARCAEClassic Wizard は NOSS-1 と同義と考えられる。

その後約3年のブランクの後に、1990年から1996年にかけてタイタンロケットにより打上げられた NOSS-1 より明らかに大型のNOSS衛星のシリーズを軍事ワッチャーたちは便宜的に NOSS-2 と呼んでいる [5]。 前述の通称のうち SB-WASS (Space Based Wide Area Surveillance System) および RANGER は NOSS-2 と同義と考えられる。

その後約5年のブランクの後に、2001年9月から、新型のNOSS衛星が打ち上げられており、軍事ワッチャーたちは便宜的に NOSS-3 と呼んでいる。この新型衛星の著しい特徴は、今までのNOSSの特徴であった3つ組み衛星ではなく、2個の衛星が少し離れて、ほぼ同じ軌道上を飛ぶということである [5]。これは技術の進歩により、ドップラーシフトを用いて、海上のターゲットの位置のアンビギュイティーを解決することが可能になったためではないかと考えられる。

打上記録[編集]

NOSS衛星の1グループは、1基の打上ロケットで同時に打上げられ、NOSS-1では MSD (Multiple Satellite Dispenser)、NOSS-2では TLD (Titan Launch Dispenser) と呼ばれるMIRV弾道ミサイルのポストブースト・ヴィークルに似た、最上段ロケットにより軌道上にリリースされている [5]。 なお、下表中の NOSS 2-1 などは1つの衛星ではなくグループを指す。

ケープカナベラル空軍基地(Cape Canaveral AFS; フロリダ州ケープカナベラル)から打上げられた、NOSS 2-1 、NOSS 3-3、 NOSS 3-4を除いて、他は、ポピー7号を含め、全てヴァンデンバーグ空軍基地 (Vandenberg AFB ; カリフォルニア州サンタバーバラ郡)から打上げられている。

打上日 名称 国際衛星識別符号 代替名称 打上ロケット 近地点高度 遠地点高度 軌道傾斜角(°)
1971-12-14 Poppy 7 (PARCAE test) 1971-110A ,C,D,E OPS 7898 P/L 1-4 ソー・アジェナ D SLV 983 km 999 km 70.0
1976-04-30 NOSS 1-1 1976-038A ,C,D,J OPS-6431 アトラス F 1,092 km 1,128 km 63.5
1977-12-8 NOSS 1-2 1977-112A ,D,E,F OPS 8781 アトラス F 1,054 km 1,169 km 63.4
1980-03-03 NOSS 1-3 1980-019A ,C,D,G OPS 7245 アトラス F 1,035 km 1,150 km 63.0
1980-12-09 NOSS 1-(打上失敗) 1980-U01 --- アトラス F --- --- ---
1983-02-09 NOSS 1-4 1983-008A ,E,F,H OPS 0252 アトラス H 1,063 km 1,186 km 63.40
1983-06-09 NOSS 1-5 1983-056A ,C,D,G OPS 6432 アトラス H 851 km 1363 km 63.4
1984-02-05 NOSS 1-6 1984-012A ,C,D,F OPS 8737 アトラス H 1,052 km 1,172 km 63.4
1986-02-09 NOSS 1-7 1986-014A ,E,F,H USA-15, USA-16, USA-17, USA-18 アトラス H 1,049 km 1,166 km 63.0
1987-05-15 NOSS 1-8 1987-043A ,E,F,H USA-22, USA-23, USA-24, USA-26 アトラス H 1,045 km 1,179 km 62.9
1990-06-08 NOSS 2-1 1990-050C ,D,E USA-59, USA-60, USA-61, USA-62 タイタン 4 1071 km 1146 km 63.4
1991-11-08 NOSS 2-2 1991-076A ,C,D,E USA-72, USA-74, USA-76, USA-77 タイタン 4 1052 km 1164 km 63.4
1996-05-12 NOSS 2-3 1996-029A ,B,C,D USA-119, USA-120, USA-121, USA-122 アトラス E/F 1050 km 1166 km 63.4
2001-09-08 NOSS 3-1 2001-040A ,C USA-160 アトラス 2AS 1100 km 1100 km 63
2003-12-02 NOSS 3-2 2003-054A ,C USA-173 アトラス 2AS 1013 km 1200 km 63.4
2005-02-03 NOSS 3-3 2005-004A ,C USA-181 アトラス 3B/セントール 1011 km 1209 km 63.4
2007-02-12 NOSS 3-4 2007-027A ,C USA-194 アトラス 5
2011-04-15 NOSS 3-5 2011-014A ,B USA-229, INTRUDER 5 アトラス 5 1017 km [6] 1204 km [6] 63.45 [6]

データ出典: NOSS - astronautix.com [7]、Jonathan's Space Report No. 163 [8]、NROL-34: NOSS 3-5 elements - Visual Satellite Observer's Home Page[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b The U.S. Navy's "White Cloud" Spaceborne ELINT System - アメリカ科学者連盟(FAS)
  2. ^ http://www.washingtonpost.com/world/national-security/black-budget-summary-details-us-spy-networks-successes-failures-and-objectives/2013/08/29/7e57bb78-10ab-11e3-8cdd-bcdc09410972_story.html U.S. spy network’s successes, failures and objectives detailed in ‘black budget’ summary - Washington Post, 2313/08/30]
  3. ^ アメリカの偵察衛星のコードネームが明かされた - Космоград
  4. ^ US Spy Budget FY2013 Vol 1 - cryptome
  5. ^ a b c d e f NOSS Double and Triple Satellite Formations - satobs.org
  6. ^ a b c d Molczan, Ted. “NROL-34: NOSS 3-5 elements”. http://www.satobs.org/seesat. 2011年4月21日閲覧。
  7. ^ NOSS - astronautix.com
  8. ^ Jonathan's Space Report No. 163

外部リンク[編集]

関連項目[編集]