Going Home

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Home [1997-2000]
Going [2001-2005]
ゆずベスト・アルバム
リリース 2005年6月8日
ジャンル ネオフォーク
時間 613(1997-2000)
67分15秒(2001-2005)
レーベル トイズファクトリー
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン・1997-2000)
  • 週間2位(オリコン・2001-2005)
  • 2005年6月度月間1位(オリコン・1997-2000)
  • 2005年度年間13位(オリコン・1997-2000)
  • 2005年度年間18位(オリコン・2001-2005)
ゴールド等認定
ゆず 年表
1 〜ONE〜
2004年
Going Home
2005年
リボン
2006年
テンプレートを表示

Going Home』(ゴーイング・ホーム)は、ゆずが発売した初のベスト・アルバム

概要[編集]

  • ベストアルバムの発売が兼ねてより噂されては消えていたゆずが、自身で選曲しこれまでの自分達をリセットする意味もあるということで、発売前から多くのメディアが取り上げた。
  • メジャーデビューからアルバム『トビラ』までの楽曲を収録した『Home [1997-2000]』、アルバム『ユズモア』から当時の最新アルバム『1 〜ONE〜』までの楽曲と新曲「GOING HOME」を収録した『Going [2001-2005]』の2枚同時発売。
  • 選曲にあたって2人は「限りなくオリジナルアルバムに近い形で聴ける様な順番にしてある」と語っている。『Home』の曲順は基本的に年代順だが(「嗚呼、青春の日々」と「飛べない鳥」のみ入れ替わっている)、『Going』では曲順が熟考され、何十枚ものサンプル盤を経て決定された。
  • よくレコメンド誌などでも同発のベストのため「Going Home」と称されていることにより『Going』を初期、『Home』を後期のベストと勘違いしている人も多いが、実際は『Home』が初期で『Going』が後期のベストである。
  • このアルバムの発売後に2人の出身地・横浜日産スタジアムにて、アルバムを題材にしたライブ「Go Home」が行われた。
  • ジャケットのイラストは村上隆が担当した。

収録曲[編集]

Home [1997-2000][編集]

  1. 地下街
    インディーズアルバム『ゆずの素』収録。
  2. なにもない
    1stアルバム『ゆずマン』収録。
  3. 夏色
    1stシングル。
  4. 少年(シングルバージョン)
    2ndシングル。
  5. 雨と泪
    2ndアルバム『ゆず一家』収録。
  6. 月曜日の週末
    2ndアルバム『ゆず一家』収録。
  7. からっぽ
    3rdシングル。
    表記はないが、シングルとも、アルバム『ゆずえん』収録バージョンとも違うバージョンが収録されている。
  8. いつか
    4thシングル。
  9. 始まりの場所
    3rdアルバム『ゆずえん』収録。
  10. サヨナラバス
    5thシングル。
  11. センチメンタル
    6thシングル。
  12. 友達の唄
    7thシングル。
  13. 心のままに
    8thシングル「心のままに/くず星」1曲目。
  14. 飛べない鳥
    10thシングル。
  15. 嗚呼、青春の日々
    9thシングル。

Going [2001-2005][編集]

  1. 栄光の架橋
    21stシングル。
  2. アゲイン2
    12thシングル。
  3. 3カウント
    11thシングル。
  4. スミレ
    18thシングル。
  5. 桜木町
    20thシングル「桜木町/シュミのハバ/夢の地図」1曲目。
  6. ユーモラス
    4thアルバム『ユズモア』収録。
  7. シュミのハバ
    20thシングル「桜木町/シュミのハバ/夢の地図」2曲目。
  8. 3番線
    17thシングル「3番線/水平線」1曲目。
  9. 15thシングル。
  10. 歩行者優先
    19thシングル「歩行者優先/濃」1曲目。
  11. 夢の地図
    20thシングル「桜木町/シュミのハバ/夢の地図」3曲目。
  12. 呼吸
    16thシングル。
  13. またあえる日まで
    14thシングル。
  14. 1
    7thアルバム『1 〜ONE〜』収録。
  15. GOING HOME
    新曲