CoffeeScript

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CoffeeScript
パラダイム マルチパラダイム: プロトタイプベース, 関数型言語, 命令型, スクリプト言語
設計者 Jeremy Ashkenas
開発者 Jeremy Ashkenas, et al.
最新リリース 1.8.0 / 2014年08月26日(49日前) (2014-08-26
影響を受けた言語 JavaScript, Python, Ruby, Haskell
影響を与えた言語 Dart
プラットフォーム クロスプラットフォーム
ライセンス MIT License
ウェブサイト coffeescript.org
拡張子 .coffee

CoffeeScriptプログラミング言語のひとつである。コードはJavaScript のコードに変換される。

RubyPythonHaskell [1] から影響を受けたシンタックスシュガーの導入により、JavaScript に比べ簡潔さと可読性を向上させたほか、配列内包 (Array comprehensions) やパターンマッチといった機能を追加している。

CoffeeScript により、パフォーマンスを下げることなく、より短いコードでプログラムを記述することができる (JavaScript に比べ 1/3 程度の行数が削減できる)[2]。 2011年3月16日から一時、CoffeeScript は GitHub でもっともウォッチされているプロジェクトであった[3]

この言語は Ruby コミュニティによく受け入れられており、(Ruby on Rails 開発者のデビッド・ハイネマイヤー・ハンソン英語版が所属する) 37signalsでは、実際に製品の開発に使われている[4]。また Ruby on Rails 3.1以降 でも正式にサポートされている。

ブレンダン・アイクは、氏が考える「JavaScript の未来」に影響を与えたものとして CoffeeScript に言及している[5][6]

歴史[編集]

2009年12月13日、Jeremy Ashkenas は、この言語を「謎の言語を初回コミット(initial commit of the mystery language)」というコメントとともに Git リポジトリにコミットした[7]。CoffeeScript は電子書籍である "Create Your Own Programming Language" [8] を読んで開発された。このときのコンパイラは Ruby で書かれている。同年12月24日には初めてタグとドキュメントのついた、バージョン 0.1.0 がリリースされた。2010年2月21日には、コンパイラを純粋な CoffeeScript で記述した、バージョン 0.5 がコミットされる。この頃にはこのプロジェクトは GitHub を利用する他の開発者の興味を引き、1日に300回ほどプロジェクトページが参照された。 2010年12月24日 Askenas は、安定版であるバージョン 1.0.0 のリリースを、Hacker News で発表した[9]。 なお、Hacker News は、最初のバージョンを発表した場でもある[10]

[編集]

下記は jQuery を使った典型的な JavaScript のコード例である。

$(document).ready(function() {
  // 初期化のためのコード
});

これは下記のようにも記述できる

$(function() {
  // 初期化のためのコード
});

CoffeeScript では function キーワードが -> で置き換えられている。また、波括弧のかわりに、PythonHaskell のようにインデントで構造を表現する。さらに、丸括弧は曖昧性がない場合は省略できる。これらの特徴により、はじめに挙げたコードと同等の内容を CoffeeScript で記述するとこのようになる。

$(document).ready ->
  # 初期化のためのコード

2 つめの例はこのようになる。

$ ->
  # 初期化のためのコード

jQuery などではクロージャを多用するが、CoffeeScript ではクロージャが簡潔に書けるようになっている。これは /info の内容を取ってきて、#info にそれを入れる場合の jQuery を使ったJavaScript の例である。

$.get("/info", function(txt) { $("#info").text("info = " + txt) }, "text")

CoffeeScript でも以下のように1行で書け、75文字が67文字へと1/10程度文字数が減っている。

$.get("/info", ((txt) -> $("#info").text("info = #{txt}")), "text")

コンパイル[編集]

以下の方法で CoffeeScript から JavaScript にコンパイルできる。

  • Node.js を併用する方法。Node.js をインストール後、npm install -g coffee-script でインストールできる。CoffeeScript のコンパイラはバージョン 0.5 より、 CoffeeScript 自身で記述され、Node.js のユーティリティとして使用することができる。しかし、コンパイラの中核部分は Node.js に依存しないため、様々な JavaScript 実行環境で動作させることができる[11]
  • Apache Maven のプラグインである Coffee Maven Plugin がある。これは Java で書かれた JavaScript エンジンである Rhino を利用している。
  • CoffeeScript の公式サイトではメニューバーにある "TRY COFFEESCRIPT" をクリックすることで、ブラウザ上で CoffeeScript の入力、JavaScript へのコンパイル、実行を行うことができる。
  • Windows 向けのコンパイル済みの coffee.exe 。ただし、Node.js を使うことが推奨されている。
  • Debian/Ubuntu ではレポジトリに coffeescript がある。ただし、必ずしも最新版ではない。
  • <script type="text/coffeescript"> を使い、HTML の中に埋め込む方法。実運用環境では非推奨。

下記の方法で、coffee/*.coffee が js/*.js にコンパイルされる。

coffee --compile --output js/ coffee/

統合開発環境[編集]

  • IntelliJ IDEA - リファクタリングを含めサポートしている
  • Visual Studio - 2012より標準でサポート。無償版のVisual Studio Express 2012 for Webでもサポートされる。有償のPro以上では拡張機能のWeb Essensials 2012を導入することでリアルタイムにJavaScriptへのコンパイル結果を表示しながら編集を行うことが可能。

脚注[編集]

  1. ^ The Changelog. Episode 0.2.9 - CoffeeScript with Jeremy Ashkenas, Jul 23, 2010
  2. ^ Read Write Hack. Interview with Jeremy Ashkenas, Jan 7, 2011
  3. ^ Github. Popular Watched Repositories
  4. ^ Carson, Ryan. "New Rails-like Framework from 37signals for HTML5 Mobile Apps", Think Vitamin blog, Nov 8, 2010
  5. ^ Eich, Brendan. "Harmony of My Dreams"
  6. ^ Eich, Brendan. "My JSConf.US Presentation"
  7. ^ Github. 'initial commit of the mystery language'
  8. ^ Create Your Own Programming Language”. createyourproglang.com. 2011年8月22日閲覧。
  9. ^ Hacker News. CoffeeScript 1.0.0 announcement posted by Jeremy Ashkenas on Dec 24, 2010
  10. ^ Hacker News. Original CoffeeScript announcement posted by Jeremy Ashkenas on Dec 24, 2009
  11. ^ http://jashkenas.github.com/coffee-script/#installation

Geoffrey Grosenbach; Jeremy Ashkenas, Michael Ficarra (2011年5月12日). “Meet CoffeeScript”. PeepCode. 2011年6月14日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]