Cocoa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Cocoaは、Mac OS X用のアプリケーションを構築するためのフレームワーク(API)であり、Mac OS Xのアプリケーション開発環境の中で主要な物[1]の一つ。

NeXTSTEP(OPENSTEP)のAPIをベースとしており、Mac OS X向けのネイティブ・アプリケーションを構築するのに適している。逆に、これまでのMac OS(Mac OS 9.xまで)向けのアプリケーションを構築する目的で使用することはできない。

一般に、Cocoaを利用したアプリケーションを構築する場合、アップルから提供される統合開発環境であるXcode (Project Builderの後継) 及び Interface Builderを使用する。なお、iOSの主要フレームワークであるCocoa Touchは、Cocoaをタッチインターフェースを前提に作り直したもので、開発環境もほぼ同様のものを用いる。

アーキテクチャ[編集]

CocoaはObjective-Cをコア言語とするオブジェクト指向フレームワークである。

OS機能やコレクションクラスなどをまとめたサービス層であるFoundationと、主にGUIパーツの集合であるAppKitの二層構造を成し、狭義ではこの二つをCocoaフレームワークと呼ぶ。厳密な区分ではないが、AddressBook APIなど、周辺サービスを提供するObjective-Cで記述されたフレームワークを広義にCocoaと呼ぶこともある。

基本構造はMVCアーキテクチャで、他に委譲(デリゲート)、ファクトリ、Chain of Responsibility パターンなどが多用される。抽象度の高い下位サービスと柔軟なViewの組み合わせが特に強力で、そのままの利用から高度なカスタマイズまで幅広い適応力を持っている。Mac OS X v10.3ではM-V間の同期を自動化するCocoa Binding(Controller層)、Mac OS X v10.4ではモデリングを自動化するCore Dataが実装され、さらに記述の抽象度は上がっている。

Cocoaそれ自体は純粋な機能セットであり、Objective-C実行環境との通信を確立すれば他の言語からも利用が可能になる。これにより現在ではJava/Perl/Ruby/Python/Common Lispなど、各種のコンパイラスクリプト言語との言語ブリッジが確立している(これらの言語内でクラスを定義してObjective-C側から呼び出すことも可能である)。しかしCC++からは直接 Cocoa を使うことはできないため、Mac OS Xでは旧来のC/C++プログラマのためにCocoaとほとんど等価な機能をもったCarbon APIも用意されている。

その他[編集]

Cocoaはコードネーム『Rhapsody』でのYellow Boxにあたる。

NEXTSTEP由来のCocoaは旧Mac OSのToolbox API由来のCarbonと必ずしも対立するものではない。Carbon APIをラッピングした物、Core Foundationとして共有基盤へ実装を移した物など、単純にインタフェースとしてCocoa側に出現する物も少なくない(ただし、Objective-Cは一般にCよりも柔軟性に優れており、インタフェースの差違は大きい)

脚注[編集]

  1. ^ 他にCarbonPOSIXX11Javaがある

関連項目[編集]