ALCM (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AGM-86 ALCM Series
AGM-86B
概要
用途 長距離スタンドオフ攻撃
開発・製造者 ボーイング
寸法
全長 4.32m(A型)
6.32m(B/C/D型)
胴体幅 69.3cm
翼幅 3.65m
重量 908kg(A型)
1,458kg(B型)
1,750kg(C型 ブロック0/1A)
1,950kg(C型 ブロック1)
動力
エンジン F107-WR101
ターボファンエンジン 1基
推力 2.7kN
性能
最大巡航速度 800km/h
射程(推定値) 1,760km(A型)
2,500km(B型)
1,200km(C型)
弾頭 W-80-1 熱核弾頭 1-150kt(A/B型)
2,000lb-910kg通常弾頭(C型 ブロック0)
3,000lb-1,450kg通常弾頭(C型 ブロック1)
1,200lb級-540kg貫通弾頭

ALCMは、アメリカ空軍が長距離攻撃スタンドオフ兵器として採用・運用している兵器である。名称は"Air Launch Cruise Missile"の略であり、直訳すると、空中発射巡航ミサイルとなる。制式採用名称はAGM-86で、SRAMの後継ミサイルとして爆撃機に搭載され、運用される。

開発経緯[編集]

ALCMは、極めて特異な開発経緯を持つミサイルである。アメリカ軍1960年代に、ADM-20 クエイルの後続となる亜音速武装化囮(SCAD ,Subsonic Cruise Armed Decoy)の計画をスタートさせ、研究を開始した。これは、敵の迎撃を避けるため、囮となる無人航空機の計画であり、さらには核弾頭による武装も構想された。このプロジェクトは1973年6月時点で中止された。しかし、その開発した囮技術を流用して、空中発射型の巡航ミサイルを開発する案が提案され、翌月7月には開発がスタートした。

こうして開発されたのがAGM-86Aで、1975年6月に初めての投下試験が行われ、翌1976年3月5日には飛翔試験が、同年9月9日には完全な誘導飛行試験を成功させた。

制式採用[編集]

このようにして開発されたAGM-86Aだが、制式採用はされなかった。続いて開発されたのがAGM-86Bで、これは、全長を2m延伸し、射程を延ばした型である。このAGM-86Bがアメリカ空軍空中発射巡航ミサイルとして制式採用され、1981年4月から空軍への引渡し(試験機完成は1979年)が始まっている。主契約者はボーイング。AGM-86Bは1986年まで生産され、1,715発が引き渡された。

外観[編集]

ALCMは、もともとデコイ(偽標的、囮)として開発されたため、飛行機のような形をしており、主翼、尾翼を備え、大きさもきわめて大きい。三角断面の機体をもち、その下には展開式の主翼がある。この主翼は投下後に伸張され、揚力をミサイルに与える。

誘導には最後尾の水平尾翼(これも展開式)を用いて誘導を行う。この水平尾翼のみが動翼となっており、主翼および垂直尾翼には動翼がない。また、上部には固定式の安定用垂直尾翼と、ジェットエンジンの空気取り入れ口をもつ。

発射プロセス[編集]

ALCMの運用が可能な航空機は、B-52G/HB-1Bである。両機とも、機内8発・機外12発の計20発の搭載能力を持つ。B-1BについてはB型の搭載・運用能力を有し、搭載試験は行われたものの、ALCMの実運用は行われていない。そのため、実運用はもっぱらB-52G/Hによって行われている。ミサイルは発射されると、本体下の主翼を展開し、対地高度135mまで落下する。その後、F107-WR-101ターボファンエンジンが点火され、飛翔誘導を開始する。

AGM-86A/Bでは、慣性航法装置と、TERCOMという地形参照航法装置を使い、アップデートを行いつつ目標へと向かう。AGM-86C/Dの場合は、これらにGPSを加えている。

派生型[編集]

AGM-86シリーズは、核弾頭搭載型のAGM-86A/B(前記したとおりA型は不採用)のほかにも数々の派生型が存在する。

AGM-86C ALCM (CALCM)[編集]

AGM-86Bに搭載されていたW-80-1 熱核弾頭を通常弾頭(2,000lb 900kg)に置き換えたもので、1986年から極秘裏に開発が行われた。1988年から配備が行われている。以後、ALCMの通常弾頭型は、CALCM(Conventional Air Launch Cruise Missile)と呼ばれている。

1996年からは改良型のGPS、改良型弾頭を使用したタイプが生産され、これらはAGM-86C ブロック1と呼ばれる。また、このブロック1のGPSチャンネル数を8チャンネル(より多いチャンネルを持つほうが、電波妨害に強く、高精度で信頼性が高い)に増やしたブロック1Aも存在する。

AGM-86D CALCM[編集]

AGM-86C ACM(CALCM)の能力向上型で、弾頭を貫通弾頭にし、航法装置にディファレンシャルGPSを採用したもの。

実戦での使用[編集]

もちろん核弾頭搭載型のAGM-86Bは実戦での使用経験はないが、通常弾頭を搭載したAGM-86C Block1は湾岸戦争の時、アメリカ空軍B-52Gに搭載されて出撃し、発射され、85%以上が目標に命中したと言われる。1998年のデザートフォックス作戦や2003年イラク戦争でも使用されている。

参考文献[編集]

  • 軍用機ウエポン・ハンドブック 航空機搭載型ミサイル・爆弾450種解説(青木謙知 イカロス出版 2005年)ISBN 4-87149-749-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]