A・LI・CE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
A・LI・CE
監督 前島健一
脚本 吉本昌弘
原案 伊藤伴雄
吉本昌弘
製作 藤村哲哉
出演者 清水香里
國府田マリ子
鈴木千尋
堀川亮
音楽 村田昭
主題歌 清水香里「A WHITE LILY」
編集 掛須秀一
配給 GAGA Communications,Inc.
公開 日本の旗 2000年2月5日
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

A・LI・CE』(アリス)は、2000年2月5日に公開された3DCGアニメーション映画。一般公開前の1999年には東京国際ファンタスティック映画祭にて先行上映された[1]

キャッチコピーは「コノ未来、私ノセイ?」「運命が待つ、明日へ!」。

ストーリー[編集]

西暦2000年。宇宙局に招待され月面旅行へと向かった亜利寿は、スペースシャトルの爆発事故に巻き込まれてしまう。意識を取り戻した亜利寿は、一緒に搭乗していたスチュワーデスロボットのSS1Xと共に謎の軍隊に襲撃されてしまう。何とかその場を脱出した二人は、近くに住む青年ユアンに助けられる。そこで亜利寿は、自分が西暦2030年の世界・ラップランドにタイムワープしたことを知る。そして、ラップランドが独裁者ネロが人狩りを行う恐怖社会であること、未来の自分がネロの元で眠り続けていることを知り、亜利寿たちはネロのいる宮殿・キングダムへ向かう列車に乗り込んだ。

しかし、列車の中で亜利寿たちは、ネロに抵抗する解放軍のカスバに捕まり、解放軍のアジトに連れ去られてしまう。そこで亜利寿は、ネロが自分の息子だと告げられ、ネロがラップランドを支配するために作り出したコンピュータ・SS10Xを破壊するよう強要される。隙を見て脱出した亜利寿は、息子のネロが何故人狩りをするようになったのかを知るため、再びキングダムへと向かう。

登場人物[編集]

林 亜利寿(はやし アリス)
西暦2000年の女子高生。宇宙局の招待で月面旅行に向かうが、スペースシャトルの爆発事故によって西暦2030年にタイムワープしてしまう。
歴史上では史上最年少の宇宙飛行士として活躍するが、西暦2010年にネロを生んだ直後に夫・両親が戦争で死んだショックで入院し、以降昏睡状態となっている。
マリア
スペースシャトルに搭乗していたスチュワーデスロボットで、正式名称は「SS1X」。容姿が聖母マリアに似ていたため、亜利寿に「マリア」と名付けられる。
ネロのステルス兵から亜利寿を守ろうとして故障するが、ユアンに修理され武装を施される。その後、解放軍のアジトでスペックアップし、性格が明るくなる。
ユアン
西暦2030年のラップランドに暮らす青年。5歳の頃に人狩りによって家族・友人を失い、以降は一人で暮らしている。
カスバ
解放軍の突撃隊長で、ネロとは施設時代の友人だった。亜利寿たちの拉致やキングダム強襲の指揮を執る。
ニコライ
解放軍のリーダー。ネロを殺すため、亜利寿を西暦2030年にタイムワープさせる。タイムワープ装置を利用して、歴史を改変しようと目論んでいる。
ネロ
亜利寿の息子。亜利寿の入院後施設に入り、そこでコンピュータを学ぶ。
施設を出た後に「SS10X」を開発し、その力を以てラップランドを支配し人狩りを行っている。
ユミ
亜利寿の友人。「本当の空」と「人間の存在理由」を問い続け、亜利寿と月面旅行に向かう直前に自殺する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

主題歌「A WHITE LILY」
作詞 - CAO / 作曲・編曲 - 村田昭 / 歌 - 清水香里

漫画版[編集]

プロダクションデザイナーを担当した木崎ひろすけによって漫画化されているが、2001年に木崎が死去したため未完となっている。『月刊少年エース』(角川書店)連載。

書誌情報
  • 木崎ひろすけ『A・LI・CE』 角川書店〈カドカワコミックス・エース〉、既刊1巻(未完)
    1. 2000年10月発売 ISBN 978-4047133693
  • 木崎ひろすけ『A・LI・CE 完全版』 角川書店〈カドカワコミックス・エース。エクストラ〉、単巻
    2001年9月発売 ISBN 978-4047134600

出典[編集]

  1. ^ A・LI・CE 映画紹介 CINEMA TOPICS ONLINE”. 2013年3月14日閲覧。

外部リンク[編集]