鷹野つぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鷹野つぎ(たかの つぎ、女性、1890年8月15日 - 1943年3月19日)は、静岡県生まれの小説家。浜松市生まれ。旧姓・岸次。1907年浜松高等女学校卒。遠江新聞記者鷹野弥太郎と結婚。夫が名古屋新聞報知新聞に移り、名古屋、豊橋、沼津、福島と転々。1917年の時事新報入社で東京に定住。平塚らいてうなど『青鞜』とのつきあいがあり、島崎藤村に師事した。

著書[編集]

  • 真実の鞭 / 鷹野つぎ子 二松堂書店 1923 (表現叢書
  • 子供と母の領分 感想集 古今書院 1935
  • 幽明記 随筆集 古今書院 1940
  • 四季と子供 古今書院 1940
  • 女性の首途 古今書院 1942
  • 限りなき美 立誠社 1943
  • 娘と時代 三国書房 1944 (女性叢書)
  • 太陽の花 輝文館 1944
  • 鷹野つぎ著作集 全4巻 谷島屋 1979.6
  • 悲しき配分 小説集 不二出版 1986.6 (叢書『青鞜』の女たち ; 第20巻)
  • 鷹野つぎ「短歌」 歌稿より抜粋 大場ヤス子 2004.6

文献[編集]

  • 鷹野つぎ 人と文学 後藤悦良 浜松市立高等学校同窓会 1981.10

外部リンク[編集]

インターネット上で公開されている作品集