鵜藤俊平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 競泳
1936 ベルリン 男子 400m自由形
1936 ベルリン 男子 1500m自由形

鵜藤俊平(うとう しゅんぺい、1918年12月1日 - )は日本の静岡県小笠郡大東町[1](現掛川市)出身の水泳選手。1936年ベルリンオリンピック400メートル自由形で銀メダル、1500メートル自由形で銅メダルを獲得。立教大学出身。

経歴[編集]

競泳は掛川中(現在の静岡県立掛川西高等学校)に入ってから始めた[2]。中学在籍時の1934年、当時県下に知られた名門中農(現在の磐田農業高校)の強豪選手を破り、一躍注目を浴びる。「すぐに入学してベルリンを目指せ」という熱心な誘いに乗り卒業まで1年を残して1935年立教大学へ進学(掛川中学は卒業待遇となった)[2]。1936年のベルリンオリンピックでは400m自由形でジャック・メディカに次ぐ銀メダル[2]、1500m自由形でも寺田登、メディカに次いで銅メダルを獲得した[3]

戦後は生活が苦しく一時はメダルも質屋に預けたこともある[1]。1950年に新潟日報に入社したが職場でもいじめを受け、下戸であったため左遷され部長止まりだった[1]。定年退職後は千葉市で農業を行っている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「あのメダルは今」”. 日刊スポーツ (2000年3月21日). 2010年3月6日閲覧。
  2. ^ a b c OBが五輪で「銀」逸材育てた水泳部”. 中日新聞 (2000年8月24日). 2010年3月6日閲覧。
  3. ^ 寺田登-無心の19歳、水のマラソン制す”. サンケイスポーツ (2004年). 2010年3月6日閲覧。