骨董通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
骨董通り(2011年4月)

骨董通り(こっとうどおり)は、東京都港区にある通りであり、国道246号(青山通り)の南青山五丁目交差点と東京都道412号霞ヶ関渋谷線(六本木通り)の高樹町交差点を結ぶ道路の通称である。全線が、都市計画道路補助23号線に指定されている。かつては「高樹町(たかぎちょう)通り」と呼ばれ、都電の走る電車通りだった。

概要[編集]

骨董通り(2011年4月)

正式には「南町通り」というが、「南青山骨董通り」または「青山骨董通り」ともいう。沿線にはブティックやオフィスビル、マンション、骨董品店などがある。道路は片側一車線の対面通行であり、全線に渡って両側にパーキングメーターが設置されている。電線類地中化は実施されていない。

六本木通り西麻布高樹町)と青山通り青山表参道)とを繋ぐバス通りであり、六本木通りに青山学院下のトンネル(青山トンネル)が開通する以前には、渋谷六本木を繋ぐ主要路としても機能していた。当時は都電渋谷駅から青山通りを通り青山五丁目交差点よりこの道を走っており、この経路は都営バス渋88系統へと継承されている。

歴史[編集]

太平洋戦争大東亜戦争)後、近辺に根津美術館、小原流会館などがあるこの通りには骨董品店が集まるようになった。「骨董通り」の愛称はこれに因んでおり、1980年代頃から自然発生的に使われるようになった、もしくは古美術鑑定家中島誠之助が使い出したものが広まったなどといわれる。

沿道の施設[編集]

富士フイルム本社ビル
1969年竣工

その他の骨董通り[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "ギャラリー集積地日本橋・京橋美術骨董通り" [1]