金属疲労

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

金属疲労(きんぞくひろう)は、固体金属材料が力を繰り返し長期間にわたって受けていくうちに、その固体に亀裂が生じたり、強度が落ちたりする現象で正式には疲労破壊(もしくは疲労)である。金属の強度に対する過大な期待が裏切られたショックで日本では金属疲労と呼ばれている。

1985年に起きた日本航空123便墜落事故では航空鉄道事故調査委員会の調査によって、この金属の疲労破壊が原因とされ脚光を浴びた。しかし科学技術の世界ではプラスチック、炭素繊維、セラミックス、ガラスなどすべての固体に見られる現象で、人体などの疲労と明別して考えると、日本語の金属疲労は“fatigue fracture”(疲労破壊)に相当する。

関連項目[編集]