面心立方格子構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
面心立方格子構造の模式図
2原子からなる面心立方格子結晶の例。どちらの原子に着目しても面心立方格子構造を形成している。塩化ナトリウムがこれにあたるため、岩塩型構造とも呼ばれる。
六方最密充填構造と面心立方格子構造
六方最密充填構造と面心立方格子構造

面心立方格子構造(めんしんりっぽうこうしこうぞう、face-centered cubic, fcc)は、ブラベー格子の一種。単位格子の各頂点および各面の中心に原子が位置する。立方最密充填構造(りっぽうさいみつじゅうてんこうぞう、cubic close-packed, ccp)とは見る角度が違うだけで同じ配列である。面心立方格子構造を持つ単体金属は多い。

概要[編集]

  • 充填率 : 74%(= \frac{\sqrt2{\pi}} 6、最密充填)
  • 近接する原子の数 : 12個
  • 単位格子中の原子の数 : 4個(={1\over8}{\times}8+{1\over2}{\times}6
  • 面心立方格子の金属は加工しやすい性質を持っている

ケプラーの予想[編集]

1611年にヨハネス・ケプラーは、同半径の球を敷き詰めたとき、最密充填は面心立方格子構造であると予想した。1997年にトマス・ヘールズによって証明された。

常温で面心立方格子構造をもつ元素[編集]

関連項目[編集]