材料力学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

材料力学(ざいりょうりきがく、英語: strength of materials、mechanics of materials)は、応用力学の一分野で、機械や構造物に負荷が加わったときの変形、そして破壊原理を研究する学問である。

広義と狭義[編集]

広義の材料力学は、必要な環境下での材料の変形、破損、破壊特性の調査、実際の機械や構造物にどのような荷重が負荷し、それにより部材にどのような応力変形が生じるかの調査を解析、実験の両面から取り扱うものである[1]。力学理論の基盤は、弾性力学、塑性力学、粘弾性力学など幅広いものとなる。

狭義の材料力学は、弾性力学に立脚し、弾性解析による成果の内、機械や構造物の設計のために扱いやすく整理、抜粋したものである[1]はりといった比較的単純な形状を想定し、引っ張り圧縮曲げねじりなどの外力が負荷する場合を取り扱う。大学などの教科としての材料力学は狭義の方を対象とすることが多い。土木工学建築学における構造力学の内容もこの狭義の材料力学の内容に近い。構造力学と狭義の材料力学との違いは、材料力学では1つの構成部材を対象として変形や応力を解析するのに対し、構造力学では複数の連結された部材からなる構造物の変形や応力を対象とする[2]。このため材料力学は構造力学の基礎の1つといえる[2]

主な内容[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『機械工学辞典』 日本機械学会、丸善、2007年1月20日、第2版。ISBN 978-4-88898-083-8
  • 柴田俊忍・駒井謙治郎・大谷隆一・井上達雄 『材料力学の基礎』 培風館、1991年ISBN 978-4-56303-465-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]