釉薬瓦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
釉薬瓦の例
釉薬瓦。釉薬でいぶし瓦を模した製品だが、裏面をみると素焼きの素地が見えるので鑑別は容易。形状はJ瓦。

釉薬瓦(ゆうやくがわら)とは、表面を釉薬で化粧した粘土瓦のことで、日本工業規格(JIS)の製法区分上の名称として定められる。古くは瑠璃瓦(るりがわら)と呼ばれていた。陶磁器焼成区分上は「陶器」に当たるところから、「陶器瓦」の呼称もよく使われる[1]

概要[編集]

2004年経産省工業統計では瓦の出荷量の78%を占める。日本最大の産地は「三州瓦」の愛知県西三河地方、次いで「石州瓦」の島根県石見地方となっている。

続日本紀には767年平城京の東院玉殿に瑠璃(るり)の瓦をもって葺くという記述があり、古来からの屋根材であることがわかる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1966年三州瓦の産地である愛知県西三河地方で呼ばれるようになったもの

関連項目[編集]