ボーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス > ブルゴーニュ地域圏 > コート=ドール県 > ボーヌ


ボーヌ
Blason de la ville de Beaune (21).svg
Beaune, France - 02-D.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルゴーニュ地域圏
(département) コート=ドール県
(arrondissement) ボーヌ郡
小郡 (canton) 2小郡庁所在地
INSEEコード 21054
郵便番号 21200
人口動態
人口 21,923人
1999年
人口密度 732人/km²
地理
座標 北緯47度00分47秒 東経4度30分08秒 / 北緯47.0130度 東経4.5023度 / 47.0130; 4.5023座標: 北緯47度00分47秒 東経4度30分08秒 / 北緯47.0130度 東経4.5023度 / 47.0130; 4.5023
標高 平均:m
最低:193 m
最高:407 m
面積 31.30km²
ボーヌの位置(フランス内)
ボーヌ
ボーヌ
テンプレートを表示

ボーヌ(Beaune)は、フランス東部、ブルゴーニュ地域圏コート=ドール県の群庁所在地。ボーヌ周辺はブルゴーニュ・ワインの産地として有名で、毎年11月にこの都市のオスピスで開かれるワインのオークションは国際的に名高い。

歴史[編集]

観光名所[編集]

ボーヌのオスピス
  • ボーヌのオスピス(ホスピス, 施療院)- 1443年にブルゴーニュ公国の宰相ニコラ・ロランが創設したもので、貧しい人たちに無料で医療を施した。入院の条件は、貧者であることただひとつだった。王侯貴族から寄進されたブドウ園とそこから生産されるワインで、費用は埋め合わされていた。この建物は、屋根瓦が、黄色や赤、茶色とカラフルで、しかもブルゴーニュ風の文様を描くようにデザインされていてとても美しい。こうした施療院は、当時、オテル・デュー(神の宿、fr:Hôtel-Dieu)とも呼ばれた。現在では、その当時の薬品、医療器具を展示した医学博物館になっており、またワインオークションの会場としてよく知られている。現存するオテル・デューの中でも最も有名な施設のひとつ。この施療院ブランドのワインもある。
  • ワイン博物館(Musée du Vin)

イベント[編集]

  • 「栄光の三日間(Les Trois Glorieuses)」- 11月の第3日曜日をはさむ土曜日~月曜日の3日間にわたって開催されるワイン関連の祭り。特に日曜日にオスピスで行われるワインオークションは国際的にも関心を集め、その年のワインの相場を占うものだとする見方もある。

ボーヌ生まれの有名人[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]