ガスパール・モンジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペリューズ伯爵ガスパール・モンジュ

ガスパール・モンジュ (Gaspard Monge、1746年5月9日-1818年7月28日)は、フランス数学者科学者工学者貴族エコール・ポリテクニークの創設者。

今日知られる微分幾何学を開発し、曲面方程式や曲線微分方程式から3次元空間への曲面曲率線の概念を導入し幾何学的形状を解析するなど、微積分方面による曲面の研究で名高い。従来から製図で使用されていた画法幾何を、ジラール・デザルグの定理やパスカルの定理に基づく遠近法を研究し、三角法射影幾何学、図学という学問・学術にする体系再編に貢献、この画法幾何学をベースにした解析手法は応用力学にまで取り入れられ構造解析の、また透視画法や投影図法が現在も製図法の骨子になっている。当時の度量衡を確立し、この他にモンジュ・アンペールの方程式や群論や輸送最適論などの研究などでも知られる。

軍事技術関連では、大砲鋳造や火薬製造法などを開発している。フランス革命時、海軍大臣を務めていた。ヴァレ大学にガスパール・モンジュ学院、また切手肖像画の他、フレンチライラックバラにも彼の名がつけられた花がある。

人物概要[編集]

フランスのブルゴーニュコート=ドール県ボーヌで、ジャック・モンジュの子として生まれた。ジャックはサヴォワ出身者で、行商人から弁護士となった。ボーヌのオラトリオ会コレージュで、弟ルイ、ジャンとともに学んだ。ルイは1785年に行われたラ・ペルーズ伯探検に同行した人物である。10歳でリヨンのコレージュに入学、19歳でメジエール工兵学校の別科に入学し卒業。1768年から1780年まで同校の数学教授、1770年から1780年まで物理学教授。1780年ソルボンヌ大学の水理学担当教授に就任し、同年パリ科学アカデミー会員に列する。1784年には世界で初めて二酸化硫黄の液化に成功する。1794年、エコール・ノルマル教授。1795年にはエコール・ポリテクニーク校長に就任した。門下にラザール・カルノージョゼフ・フーリエジャン=ヴィクトル・ポンスレ、シャルル・デュパンらがいる。

1798年のナポレオンエジプト遠征にも同行し、カイロエジプト大学設立に参加した。このとき、砂漠の行軍時に悩まされていた蜃気楼の原因解明を後に行ったことがよく知られている。

1799年、著書『画法幾何学』(Geometrie descriptive)を、1804年には『解析学の幾何学への応用』(Application de l'analyse a la geomerie)を刊行。

1989年12月、彼の遺灰がパリパンテオンに移された[1]

脚注[編集]

  1. ^ (en) John J. O’Connor et Edmund F. Robertson, « Gaspard Monge », dans MacTutor History of Mathematics archive, université de St Andrews

参考文献[編集]

  • 「ガスパール・モンジュと近代工学の形成」堀内達夫『人文研究』 44(4), p141-164, 1992
  • 「モンジュからルローに至る機械学史と「資本論」における機械の把握」中峯照悦『社会文化研究』 (9), p103-156, 1983
  • 「ガウスから見たモンジュの"画法幾何学"」Hohenberg Fritz [著] , 増田祥三 [訳] 『図学研究』 (23), p27-28, 1978年9月号

関連項目[編集]