アンナバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンナバ
Annaba.jpg
位置
の位置図
座標 : 北緯36度54分 東経7度46分 / 北緯36.900度 東経7.767度 / 36.900; 7.767
地理
面積  
  域 1,412 km2
標高 最高地点1 008 m
人口
人口 (2006年現在)
  域 348,554人人
    人口密度   175,4人人/km2(人人/mi2
  市街地 人人
  都市圏 人人
    都市圏人口密度   人人/km2(人人/mi2
その他
等時帯 CET (UTC+1)
公式ウェブサイト : http://www.annabacity.net

アンナバ(英語:Annaba アラビア語:عنّابة)は、アルジェリア北東部に位置するチュニジアとの国境付近の町である。348,554人の人口を有しており(1998年)、アルジェオランコンスタンティーヌに次ぐアルジェリア4番目の都市である。アンナバ県の県都である。別名ボーヌ。アナバと呼ばれることも多い。

歴史[編集]

アンナバには先史時代以前から人類が生息しており、30000年前と言う早い時期の道具使用の痕跡が見られている。

アンナバはおよそ紀元前12世紀頃にフェニキア人によって創られたとされる。当時のアンナバはHippo Regiusヒッポレギウス(ヒッポ)と呼ばれていた[1]。まだ生まれて間もないキリスト教の信仰者が多く、アウグスティヌスは396年から、死去する430年までここの司教だった。ヒッポレギウスは非常に栄えるようになり、重要な貿易港として機能していた。

430年になると、ヴァンダル人によって包囲され、ガイセリックの指揮の下ヒッポレギウスは占領され、ここを431年から439年の間ヴァンダル王国の首都に定めた。

534年になるとヴァンダル王国は滅亡し、再びローマ帝国の下に置かれた。698年に入るとサラセン人が支配するようになった。サラセン人は町を再建し、ここを現在の地名のアンナバと名を改めた。

フランスは1832年にこの町を支配し、ボーンと名を改めた。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bône, en Algérie” (1899年). 2013年9月25日閲覧。