超信地旋回

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

超信地旋回(ちょうしんちせんかい)は、油圧ショベル戦車など、履帯クローラー)を持つ車輌が左右のクローラーを同速度で互いに反対に回転させることによって、移動することなく車体の向きを変えることをいう。

概要[編集]

語源は信地駈歩という馬術用語である。小回りの要求される工事現場などで用いられるが、路面・路床への負荷が大変大きい。

戦車の場合、第二次世界大戦当時まではこれが可能な車輌は限られていた。当時の戦車の多くは曲がる方向の履帯ブレーキをかけることにより左右の履帯の移動の差によって旋回(スキッドステア、信地旋回)しており、高度なトランスミッションを持つ戦車でなければ、左右の履帯を反転させることはできなかった。

これが可能なものとして、イギリスのメリット・ブラウン式変速装置を持つチャーチル歩兵戦車クロムウェル巡航戦車以降の型や、ドイツティーガー戦車系列があげられる。これらは左右の履帯の速度を変えて滑らかな旋回が可能であったが、特に重戦車の場合、超信地旋回の多用は履帯の脱落や故障の発生の原因となるため、あまり行われなかった。アメリカの戦車の場合、戦後のM41ウォーカー・ブルドッグM46パットンのクロスドライブ式トランスミッションの採用以降、超信地旋回が可能となっており、この方式は以後の世界中の戦車に採用されている。

現代ではNATO加盟国をはじめとする西側諸国のほぼ全ての主力戦車に組み込まれており、日本陸上自衛隊では74式戦車90式戦車10式戦車が対応している。一方、ソビエト開発の戦車のほとんどは超信地旋回が不可能となっている。これはソビエト製戦車から発展した東側諸国中国の多くの戦車も同様で、ロシアの新鋭戦車であるT-80T-90も超信地旋回には対応していない。