西村琢磨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西村琢磨
1889年9月1日1951年6月11日
Nishimura Takuma.jpg
生誕 日本福岡県
死没 マヌス島
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

西村 琢磨(にしむら たくま、1889年(明治22年)9月1日 - 1951年(昭和26年)6月11日)は、日本の陸軍軍人陸軍中将正四位勲一等功三級

経歴[編集]

福岡県出身。熊本陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、陸軍士官学校(22期)卒業。同期に、松井太久郎牟田口廉也がいる。陸軍大学校(32期)卒業で、砲兵科を専門とする。軍務局勤務が長く、五・一五事件の時には、第一師団特設軍法会議判士長を務めた。

以後、野戦重砲兵第九連隊長1936年(昭和11年)8月より)、野戦重砲兵第一旅団長(1938年(昭和13年)3月より)、東部防衛参謀長1939年(昭和14年)3月より)、印度支那派遣軍司令官(1940年(昭和15年)9月より)を経、1940年12月2日陸軍中将となる。その後、独立混成第二十一旅団長(1941年(昭和16年)6月24日より)、近衛師団長(1941年6月28日)を務め、第25軍の指揮下でシンガポール攻略戦に参加後、シンガポール周辺の残敵処理にあたった。このことが、シンガポール華僑虐殺事件に絡み、戦後に戦犯指名を受ける原因となる。

1942年(昭和17年)7月15日に予備役に編入されるが、1943年(昭和18年)4月15日に陸軍司政長官に任命され、同年6月20日よりビルマシャン州政庁長官、1944年(昭和19年)2月には蘭印スマトラ州知事を務めた。

軍事裁判[編集]

イギリスの管轄するシンガポール裁判(第118号)では、極刑を免れたが、オーストラリアマヌス島裁判(第2号)で死刑の判決を受け、1951年(昭和26年)6月、マヌス島で処刑された。

参考文献[編集]

  • イアン・ウオード、鈴木正徳訳 『将軍はなぜ殺されたか 豪州戦犯・西村琢磨中将の悲劇』、原書房、2005

評伝[編集]