虎山長城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
虎山長城
虎山長城.JPG
虎山長城
各種表記
繁体字 虎山長城
簡体字 虎山长城
拼音 Hŭshān Chángchéng
注音符号 ㄏㄨˇ ㄕㄢ ㄔㄤˊ ㄔㄥˊ
テンプレートを表示

虎山長城(こざんちょうじょう)は、中華人民共和国遼寧省丹東市寛甸満族自治県虎山鎮虎山村に位置する明代の長城東端の遺構である。

概要[編集]

遠くから見ると虎が座っているように見える為、虎山と称される。また長城の遺構のレンガが出土し付近の住民の建築にも使われたことから石山とも称された。丹東市街より20km、鴨緑江に沿って北上してその支流・璦河(あいが)を渡ったところにある。鴨緑江を隔てて、北朝鮮領の中洲が広がる。なお、長城のところの鴨緑江の川幅がわずか数mの一歩跨が位置している。

現在長城遺構を散策できるように整備されている。入口からしばゆるやかな傾斜であるが、途中より稜線に沿った急勾配となり最高地点である標高146.3メートルまで達する。その先を中腹まで下りたところで長城は途切れ、その後は険しい遊歩道となり途中につり橋がある。


[1] 虎山長城へ行く

長城の頂上を望む

歴史[編集]

明の成化帝の成化5年(1469年)に造られた。建造した目的は勢力を強めた後金と海上の外敵の侵入に防ぐためであった。しかし、明末期になると満洲人の後金(のちの清)の勢力下になり、破棄された。

1989年、空から遼寧省の長城を調査して明書の通りに、虎山から始まり西へ撫順瀋陽遼陽鞍山錦州を通じて河北省との境界の山海関長城までつながっていることを確かめられた。虎山の600数mの長城の遺跡を発掘し、1990年、羅哲文などの長城の専門家の学者らによる実地調査で、明の時代の長城の東端の起点と認定された。それまで山海関が東端とされていたが、この発見により中国長城は1000数km延長させて虎山を長城の東端と言い換えた。1992年に380万元を投資して、600数メートルの虎山長城を修復し、初めて長城の最東端の全容が現れることとなった。さらに2000年2230万元を投資し1000数メートルの長城の主体の修復を完成した。

虎山より東側に北朝鮮の平壌に伸びるの時代の長城の遺構があり、虎山長城も燕の時代の長城との説もある。

実際には、明の時代の建造物ではなく高句麗が築いた「泊灼城」の遺構といわれている。漢民族の明が満洲を制圧していたことを示し、満洲が古来より中国の不可分の領土であることを誇示宣伝するための工作との見方もある。


関連項目[編集]