美星スペースガードセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
美星スペースガードセンター

美星スペースガードセンター(びせいスペースガードセンター)は、岡山県井原市美星天文台に隣接する、スペースデブリ太陽系内の地球近傍小惑星を観測する施設である。 財団法人日本宇宙フォーラム(JSF)が設立した。主な利用者は宇宙航空研究開発機構 (JAXA)であり、JSF からの委託を受け、日本スペースガード協会が運用している。

概要[編集]

口径1mの大型光学望遠鏡により、地球近傍小惑星や高度36,000kmの静止軌道近傍のスペースデブリを観測する。その他に、50cm・25cm口径の追尾用小型望遠鏡がある。最初からスペースデブリ等の観測を目的として設計された施設は、世界でも初めてである。施設は2001年(平成13年)度に完成した。

小惑星観測プロジェクトは「バッターズ (BATTeRS, Bisei Asteroid Tracking Telescope for Rapid Survey)」と名付けられ、プロ野球選手の写真入りのロゴマークが作られている。

観測設備[編集]

大型望遠鏡
  • 1m光学望遠鏡
    • 諸元
      • 焦点モード:カセグレン焦点、合成F 約3
      • 視野直径:3度角
      • 最大追尾速度:赤経・赤緯1度/秒以上
      • 架台方式:フォーク式赤道儀
      • CCDカメラ:視野直径約160mm、2,000×4,000ピクセルのチップを10枚並べたものを使用していた。近年は、より高感度なチップ4枚を並べたものを使用している。
      • CCD温度:観測時は約-100℃
追尾用小型望遠鏡
  • 50cm光学望遠鏡(主に高速で移動するスペースデブリ等の追尾観測のために使われている)
    • 諸元
      • 焦点モード:カセグレン焦点、合成 約2
      • 視野直径:2度角
      • 最大追尾速度:赤経・赤緯5度/秒以上
      • 架台方式:フォーク式赤道儀
      • CCDカメラ:視野直径約50mm、2,000×4,000ピクセルのチップを2枚並べたものを使用していた。近年は老朽化のため、U42(アポジー社)を使用している。
      • CCD温度:観測時は約-20℃(現カメラ)(旧カメラ:約-90℃)
  • 25cm光学望遠鏡(1m及び50cm光学望遠鏡の補助として使用されている)
    • 諸元
      • 焦点モード:ベーカーリッチクレチアン式、合成F 約5
      • 視野直径:5度角
      • 最大追尾速度:赤経・赤緯5度/秒以上
      • 架台方式:ドイツ式赤道儀
      • CCDカメラ:2,000×2,000ピクセルのCCDを1個使用
      • CCD温度:観測時は約-20℃

観測成果[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]