スペースガード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スペースガード (Space Guard) とは、地球に衝突する恐れのある天体や宇宙活動の結果として宇宙空間を彷徨うスペースデブリを観測し、かつまた、追跡を行うことである。そして、それらの天体の地球衝突の回避を目指した警報の発令や、今後の宇宙活動の障害となるスペースデブリの位置を正確に予測することで、それらの危機を未然に回避するための観測計画。

名称や計画内容は、アーサー・C・クラークが著した長篇SF小説宇宙のランデヴー』に登場する同名の計画に因んでいる。

計画体制[編集]

スペースガード計画に置いて統括的な役割を果たしているのは、イタリアフラスカーティに本拠を置くNPO、スペースガード財団 (The Spaceguard Foundation) である。1994年の国際天文学連合第22回総会でなされた報告において地球近傍の物体の観測を統括する国際的な組織の必要性が提言され、それを受けて1996年に設立された。[1]

同財団との協力のもと、スペースガード計画は各国で実施されている。日本、アメリカ、オーストラリア、フィンランド、イギリス、ドイツ、イタリアの7か国が協力して観測を行っている。各国に組織されたスペースガードセンターでは各中央天文台や宇宙開発機関からの支援を受けて、観測所を設置し、現在観測を実施している。

日本[編集]

日本では、宇宙航空研究開発機構等からの支援を受けた日本スペースガード協会が観測を行っている。岡山県苫田郡鏡野町並びに岡山県井原市美星町にスペースガードセンターを設置し、光学式および電波式観測装置を運用している[2]。光学式の場合には、主に地球近傍へ接近する小惑星彗星等の軌道を求めることを目的として、広視野角を持つ望遠鏡複数台によって、観測が実施されている。電波式観測装置は、フェーズドアレイレーダー技術を用いた観測装置となっており、この観測はスペースデブリの位置をつきとめることが目的である。

現在、運用が行われているスペースガードセンターでは、まだまだ検出精度が低いため、将来に向けて構想が行われている。当面の課題としては、地球近傍に接近する小惑星や彗星の軌道を正確に把握して、将来の地球衝突を予測するための計画を実施することになっている[3]。その一環で、小惑星探査機はやぶさが地球突入する際にも、参考になる貴重なデータを収集したりしている[4][5]

参考文献[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スペースガード財団、Brief history of the Spaceguard Foundation(英語)
  2. ^ 日本スペースガード協会、観測施設 - スペースガードセンター -
  3. ^ 回避に関しては、現在の技術では非常に難しい。また、彗星本体や小惑星本体を破壊して回避するなどの方法もあるが、専門家の意見によれば現在の技術では不可能であるとされている。
  4. ^ 「はやぶさ」地球衝突の最終ミッション(ナショナルジオグラフィック ニュース) -
  5. ^ 「NASA SETI Hayabusa Re-Entry-