フォーク式赤道儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォーク式赤道儀(ふぉーくしきせきどうぎ)とは赤道儀の一種で、2本の腕で望遠鏡を支える形の望遠鏡架台である。 大型のため、天文台に利用されることの方が多いが、片持ちフォーク赤道儀というものは、一般の望遠鏡に用いられることもある。 また、片方にL字型の腕のついたL型フォーク赤道儀もある。(中央光学など)

関連項目[編集]