神風連の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神風連の乱
敬神党の乱
Shinpūren Rebellion.jpg
『熊本暴動賊魁討死之図』(月岡芳年画)
戦争:士族反乱
年月日1876年10月24日 - 1876年10月25日
場所日本の旗 日本 熊本県 熊本市
結果:政府軍の勝利
交戦勢力
大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍 敬神党
指揮官
児玉源太郎
奥保鞏
与倉知実
小川又次
福原豊功
塩屋方圀
林隼之助
太田黒伴雄
加屋霽堅
斉藤求三郎
上野堅五
戦力
熊本鎮台
*歩兵第13連隊
*砲兵第6大隊
約170
損害
戦死 約60
負傷 約200
死亡 124
逮捕 約50
士族反乱

神風連の乱(しんぷうれんのらん)は、1876年明治9)に熊本市で起こった明治政府に対する士族反乱の一つである。敬神党の乱とも言う。

1876年10月24日に旧肥後藩の士族太田黒伴雄(おおたぐろともお)、加屋霽堅(かやはるかた)、斎藤求三郎ら、約170名によって結成された「敬神党」により廃刀令に反対して起こされた反乱。この敬神党は反対派から「神風連」と戯称されていたので、神風連の乱と呼ばれている。のち一部の関係者に名誉回復、すなわち贈位(大正13年2月11日、太田黒・加屋に正五位が贈られた後)がなされた。

概要[編集]

1876年10月24日深夜、敬神党が各隊に分かれて、熊本鎮台司令官種田政明宅、熊本県令安岡良亮宅を襲撃し、種田・安岡ほか県庁役人4名を殺害した。その後、全員で政府軍の熊本鎮台(熊本城内)を襲撃し、城内にいた兵士らを次々と殺害し、砲兵営を制圧した。しかし翌朝になると、政府軍側では児玉源太郎ら将校が駆けつけ、その指揮下で態勢を立て直し、本格的な反撃を開始。加屋・斎藤らは銃撃を受け死亡し、首謀者の太田黒も銃撃を受けて重傷を負い、付近の民家に避難したのち自刃した。指導者を失ったことで、他の者も退却し、多くが自刃した。

敬神党側の死者・自刃者は、計124名。残りの約50名は捕縛され、一部は斬首された。政府軍側の死者は約60名、負傷者約200名。

この反乱は、秩禄処分廃刀令により、明治政府への不満を暴発させた一部士族による反乱の嚆矢となる事件で、この事件に呼応して秋月の乱萩の乱が発生し、翌年の西南戦争へとつながる。

敬神党[編集]

敬神党は、旧肥後藩士族の三大派閥の一つであった、勤皇党の一派である。

肥後藩では、教育方針をめぐり3派閥に分かれており、藩校での朱子学教育を中心とする学校党横井小楠らが提唱した教育と政治の結びつきを重視する実学党林桜園を祖とする国学神道を基本とした教育を重視する勤皇党河上彦斎太田黒伴雄加屋霽堅ら)が存在した。勤皇党のうち、明治政府への強い不満を抱く構成員により、敬神党が結成された。

この敬神党は、神道の信仰心が非常に強かったため、周囲からは「神風連」と呼ばれていた。敬神党の構成員は、多くが神職に就いており、新開大神宮で「宇気比」(うけい)と呼ばれる誓約祈祷を行い、神託のままに挙兵したのである。

三島由紀夫は、晩年、神風連の乱に強い関心を持ち、敬神党の思想に共感していたといわれる。

県庁・熊本鎮台側[編集]

種田政明邸襲撃

高島茂徳邸襲撃

与倉知実邸襲撃

大田黒惟信邸襲撃

  • 熊本県民会議長 太田黒惟信(脱出)
  • 大田黒愛妾 澄子(脱出)
  • 大田黒と澄子の子供たち2人

安岡良亮邸襲撃

  • 熊本県令 安岡良亮(対策会議中に襲撃。重傷をうけ、3日後に死亡)
  • 熊本県参事 小関敬直(安岡らと対策会議中に襲撃。重傷をうけて翌年死亡)
  • 熊本県一等警部 仁尾惟茂(安岡らと対策会議中に襲撃。重傷)
  • 熊本県六等警部 村上新九郎(安岡らと対策会議中に襲撃。負傷し、翌日死亡)
  • 七等出仕兼判事 桑原戒平(安岡らの対策会議に遅れ、助かる)
  • 第二屯営・一等巡査 坂口静樹(安岡らと対策会議中に襲撃。戦死)

砲兵第六大隊襲撃

  • 歩兵第十三連隊・陸軍中佐 大島邦秀(南坂で奮戦したのち戦死)
  • 陸軍少尉 坂谷敬一(奮戦したのち戦死)
  • 陸軍大尉 塩屋方圀坪井川に転落して助かる)
  • 陸軍副軍医 堤千之(軍刀で立ちむかうが戦死)
  • 陸軍少尉 小野藤吉(部下とともに奮戦したのち戦死)
  • 陸軍会計軍吏補 田原貫一(奮戦したのち戦死)

歩兵第13連隊襲撃

  • 陸軍少佐 林隼之助(混乱した隊を統率して一斉銃撃)
  • 陸軍大尉 豊田良作(駆けつけたのち戦死)
  • 陸軍大尉 福原豊功(背中に重傷)
  • 陸軍大尉 小川又次(混乱した隊を統率して反撃)
  • 陸軍中尉 佐武広命(連隊旗を死守)
  • 陸軍少尉補 多羅尾進(ひとり奮戦したのち戦死)
  • 陸軍少尉補 松平正理(駆けつける途中に斬られる)
  • 陸軍軍曹 幡穐守(武器庫奪回のため戦死)
  • 陸軍兵卒 隈部幸作(連隊旗を奪いかえす)

熊本城周辺

  • 七等警部 嶋田弘(自宅から県庁に駆けつける途中に殉職)
  • 第三屯営・三等巡査 津田長鎮(自宅から県庁に駆けつける途中に殉職)
  • 第三屯営・四等巡査 森弥(自宅から県庁に駆けつける途中に殉職) 

その他[編集]

種田が殺害された際、その場にいた種田の愛妾小勝は負傷しながらも、熊本電信局へ走り、「ダンナハイケナイ ワタシハテキズ」(旦那はいけない、私は手傷)と打った電報を、東京の親元に送信した。このエピソードは、短く簡潔かつ的確にまとめることが重要な電報文体の好例として「朝野新聞」紙上に紹介された。その後、仮名垣魯文が脚色したものが一般に広まり、電報の利用方法や有用性が広まるきっかけの一つになった。

桜山神社[編集]

熊本県熊本市中央区黒髪には、神風連の烈士らを合祀する桜山神社が鎮座し、その境内には神風連資料館や、林桜園宮部鼎蔵河上彦斎、神風連の烈士123士の墓などもある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]