真鳥類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

真鳥類(しんちょうるい)あるいは真鳥亜綱(しんちょうあこう)は、白亜紀前期頃に分岐したと見られる鳥類の一部門。知られている最古の種は、白亜紀前期(1億1000万年前ごろ)のガンスス (Gansus) という水鳥。白亜紀後期のイクチオルニスヘスペロルニス、及び、現生鳥類を含む。

イクチオルニスやヘスペロルニスの系統は白亜紀末に絶滅しており、現生鳥類の祖先ではない。


Aves
古鳥類

始祖鳥Archaeopteryx, ジュラ紀




孔子鳥Confuciusornis, 白亜紀



エナンティオルニス類Enantiornithes, 白亜紀)




真鳥類


ヘスペロルニスHesperornis, 白亜紀)



バプトルニス(Baptornis, 白亜紀)





イクチオルニスIchthyornis, 白亜紀)


    

現生鳥類 (Neornithes)





参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]