看護倫理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

看護倫理(かんごりんり、Nursing ethics)は、医療看護の分野における看護師の看護ケア、及び臨床場面での判断やコミュニケーションにおける倫理的な諸問題についての研究領域、もしくは学問分野である。

概要[編集]

看護倫理は、臨床場面での他のコメディカルと倫理的な原則においては多くの共通するものを持っている。ただし、判断や発言の良し悪し、善悪、正誤については、基本的には普遍妥当的な人間の基本的な倫理原則がそのま有効であり、それはイマヌエル・カントにいう倫理法則と特段に違うということはない。異なるのは看護職という職業の特殊性によって、縛られた職業上の守秘義務、あるいは健康を損ねたり、あるいは自ら、もしくはその家族、近親者の生死の現場に直面する人たちに対してのコミュニケーションや、その職業上の厳しい勤務状況や極度の緊張を強いられる中でのルーティンワークの中での気の緩みや患者に対するラベリング(気難しい患者-扱い易い患者、急性期の患者-慢性期の患者など)、患者の個人情報を取り扱うことに際しての慎重さなどが要求されることである。

また、がんの告知や望まない妊娠レイプターミナルケアなど、医者と家族の間に立って、医療情報の仲介や口頭説明、患者の代弁などデリケートな立場で、自らの位置がどこにあるのかについての熟慮を求められることも少なくない。看護倫理は、このような基本的な理論的倫理原則から職業倫理、さらには実践場面での状況倫理の可能性までを含み、倫理学の応用部門としては、職業倫理的な色彩を強く持っている。

関係資料[編集]

参考文献[編集]

  • Hunt, G (ed) Ethical Issues in Nursing. Routledge, London, 1994.
  • Thompson,I.E, Melia, Kath M., Boyd, Kenneth M. : Nursing Ethics. Churchill Livigstone, London, 2000
  • Journal: Nursing Ethics: An International Journal for Healthcare Professionals. Arnold, London.

関連項目[編集]