百田宗治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

百田 宗治(ももた そうじ、1893年1月25日 - 1955年12月12日)は日本の詩人児童文学者作詞家。本名は百田宗次。少年時代の号は楓花。大阪府出身。

生き様[編集]

1911年ごろより詩を書き始め、1915年に個人雑誌『表現』を発行。翌1916年に詩集『一人と全体』を発表。詩の傾向としては人道主義的・民主主義的傾向で、1918年に創刊された『民衆』を契機として民衆詩派の一員として数えられるようになる。その後『椎の木』あたりからはモダニズムを取り入れた俳句系の詩風へ変化し、1932年ごろより児童詩・作文教育に携わるようになる。1986年、『にれの町』(絵:小野州一)が第33回産経児童出版文化賞美術賞受賞。

著作[編集]

  • 愛の鳥 百田楓花 田中書店 明44.1
  • 夜 短檠社 明45.7
  • 最初の一人 詩集 短檠社 1915
  • 『表現』(1915年)
  • 一人と全体 詩集 表現発行所 1916
  • ぬかるみの街道 詩集 大鐙閣 1918
  • 百田宗治詩集 現代詩選 第1 新潮社 1920
  • 新月 玄文社詩歌部 1921
  • 風車 新潮社 1922 (現代詩人叢書
  • 青い翼 大鐙閣 1922
  • 静かなる時 詩集 新潮社 1925
  • 北風と薔薇 金星堂 1926 (金星堂刊行抒情詩集叢書)
  • 『椎の木』(1926年)
  • 詩の鑑賞 附・西欧近代詩の知識 厚生閣書店 1927
  • 児童自由詩の鑑賞 厚生閣書店 1927
  • 詩の本 金星堂 1927
  • 詩論集 随筆 椎の木社 1928 (椎之木叢書
  • 冬花帖 陋巷風物詩 厚生閣書店 1928
  • 鑑賞藤村詩帖 厚生閣書店 1928
  • 新しい詩の解釈とつくり方 厚生閣 1929
  • 鑑賞暮鳥詩選 金星堂 1929
  • 鑑賞独歩詩選 金星堂 1929
  • 鑑賞透谷詩選 金星堂 1929
  • 鑑賞啄木詩選 金星堂 1929
  • 児童をうたへる詩歌 万葉より現代まで 厚生閣書店 1931
  • ぱいぷの中の家族 金星堂 1931
  • 詩抄 椎の木社 1933
  • 詩作法 椎の木社 1934
  • 小学児童の詩 批評と添削 厚生閣書店 1934
  • 路次ぐらし 随筆 厚生閣書店 1934  
  • 跳橋 版画荘 1936
  • 自由詩以後 現代詩の批判と展望 版画荘 1937
  • 全日本子供の文章 厚生閣 1937
  • 子供のための教師のための綴方読本 第一書房 1938
  • 綴方の世界 新潮社 1939
  • 僕等の文章・私達の詩 新潮社 1940 (新日本少年少女文庫
  • 子供の世界 児童文化の諸問題 有光社 1941 
  • オヤマノカキノキ 帝國教育會出版部 1941.7 (新日本幼年文庫)
  • 私の綴方帖 大和出版社 1942
  • 歴史 詩集 小國民のために 有光社 1942.1
  • 蓬莱 有光社 1943
  • 日本のあしおと 詩集 湯川弘文社 1943
  • 青年詩とその批評 厚生閣 1943
  • 砂糖の木 子どもの詩 光風館 1943 (女性新書)
  • ニッポンノアシオト 二葉書房 1943.12
  • 山川草木 白都書房 1946
  • 閲歴 自選詩集 目黒書店 1946
  • 子供の世界と大人の世界 小峰書店 1947
  • 南京のうちわ 真野出版 1948
  • 渡り鳥 大興社 1948
  • 辺疆人 日本未来派発行所 1948
  • 楡の木物語 国民図書刊行会 1948 (新日本少国民文庫)
  • 現代詩 臼井書房 1948
  • 小学生詩の話 第二書房 1951
  • 綴方の中の子ども 金子書房 1952
  • 中学生詩の本 明治図書 1954
  • 百田宗治詩集 伊藤整編、1961 (新潮文庫)
  • にれの町 金の星社 1985.6 (絵本のおくりもの)

編纂[編集]

  • 小曲新辞典 編)資文堂書店 1927
  • 現代詩講座 全10巻(編)金星堂 1929-30
  • ハイネ青春の書(編)人生叢書 金星堂 1936
  • 児童詩読本 椎の木社 1936
  • 綴方教程(編)厚生閣 1938
  • 鉛筆部隊 少国民の愛国詩と愛国綴り方(編)アルス 1942 (新日本児童文庫
  • 小学生えんぴつ詩集 編 第二書房 1952
  • 日本児童詩集成 編 河出書房 1956

校歌[編集]

童謡「どこかで春が」の作詞で知られる百田は全国35校の校歌を残しており、今なお唄い継がれている。

  • 北海道 北見市立中央小学校(昭和27年10月制定)
  • 北海道 美幌町立美幌中学校(昭和23年6月5日制定)
  • 北海道 美幌町立美幌高等学校(昭和23年制定・昭和25年統合により廃校)
  • 北海道 雄武村立雄武中学校(昭和22年制定)
  • 北海道 雄武村立雄武小学校(昭和22年制定)
  • 北海道 阿寒町立阿寒小学校(昭和22年3月制定)
  • 北海道 標茶町立標茶中学校(不明)
  • 北海道 釧路市立日進小学校(昭和28年3月8日制定)
  • 北海道 釧路市立桜ヶ丘小学校(昭和26年10月8日制定・現釧路市立桜が丘小学校)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]