男子100メートル競走世界記録の推移

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
男子100メートル競走世界記録の推移

ここでは、陸上競技男子100mの世界記録の推移を示す。

手動計時[編集]

1912年のストックホルムオリンピックの男子100m予選において、ドナルド・リッピンコットアメリカ)が記録した10秒6[1]国際陸連が初めて公認した世界記録である。その後、1929年頃には、1/10秒刻みのストップウォッチを3人の計測員が使用するといった手動計時の細かなルール[2]が定められ、それが運用されていった。

ここでは、国際陸連によって手動計時が公認されていた1912年から1976年までの世界記録の推移を示す。

記録 風速 名前 国籍 日付 備考
10秒6 ドナルド・リッピンコット アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1912年7月6日 OR
ジャクソン・ショルツ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1920年9月16日
10秒4 チャールズ・パドック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1921年8月23日
0.0m/s エディ・トーラン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1929年8月8日
エディ・トーラン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1929年8月25日
10秒3 パーシー・ウィリアムズ カナダの旗 カナダ 1930年8月9日
+0.4m/s エディ・トーラン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1932年8月1日 電動10秒38
ラルフ・メトカーフ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1933年8月12日
ユーロス・ピーコック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1934年8月6日
クリス・ベルガー オランダの旗 オランダ 1934年8月6日
ラルフ・メトカーフ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1934年9月15日
+2.0m/s ラルフ・メトカーフ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1934年9月23日
+2.5m/s 吉岡隆徳 日本の旗 日本 1935年6月15日 [3]
10秒2 +1.2m/s ジェシー・オーエンス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1936年6月20日
-0.9m/s ハロルド・デービス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1941年6月6日
+0.7m/s ロイド・ラビーチ パナマの旗 パナマ 1948年5月15日
バーニー・ユーウェル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1948年7月9日 電動10秒35
0.0m/s エマニュエル・マクドナルド=ベイリー イギリスの旗 イギリス 1951年8月25日
+1.1m/s ハインツ・フュッテラー 西ドイツの旗 西ドイツ 1954年10月31日
+0.9m/s ボビー・モロー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1956年5月19日
-1.0m/s アイラ・マーチソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1956年6月1日
0.0m/s ボビー・モロー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1956年6月22日
-1.3m/s アイラ・マーチソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1956年6月29日
-0.3m/s ボビー・モロー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1956年6月29日
10秒1 +0.7m/s ウィリー・ウィリアムズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1956年8月3日
+1.0m/s アイラ・マーチソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1956年8月4日
+1.5m/s リーモン・キング アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1956年10月20日
+0.9m/s リーモン・キング アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1956年10月27日
+1.3m/s レイ・ノートン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1959年4月18日
10秒0 +0.9m/s アルミン・ハリー 西ドイツの旗 西ドイツ 1960年6月21日 電動10秒25
-0.9m/s ハリー・ジェローム カナダの旗 カナダ 1960年7月15日
0.0m/s オラシオ・エステベス ベネズエラの旗 ベネズエラ 1964年8月15日
+1.3m/s ボブ・ヘイズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1964年10月15日 電動10秒06
+2.0m/s ジム・ハインズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1967年5月27日 電動10秒17
+1.8m/s エンリケ・フィゲロラ キューバの旗 キューバ 1967年6月17日
0.0m/s ポール・ナッシュ 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 1968年4月2日 A
+1.1m/s オリバー・フォード アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1968年5月31日 A
+2.0m/s チャールズ・エドワード・グリーン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1968年6月20日 電動10秒20
+2.0m/s ロジェ・バンビュク フランスの旗 フランス 1968年6月20日 電動10秒28
9秒9 +0.8m/s ジム・ハインズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1968年6月20日 電動10秒03
+0.9m/s ロニー・レイ・スミス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1968年6月20日 電動10秒14
+0.9m/s チャールズ・エドワード・グリーン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1968年6月20日 電動10秒10
+0.3m/s ジム・ハインズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1968年10月14日 OR,A,電動9秒95
0.0m/s エディ・ハート アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1972年7月1日
0.0m/s レイ・ロビンソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1972年7月1日
+1.3m/s スティーブ・ウィリアムズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1974年6月21日
+1.1m/s シルビオ・レオナルド キューバの旗 キューバ 1975年6月5日
0.0m/s スティーブ・ウィリアムズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1975年7月16日
-0.2m/s スティーブ・ウィリアムズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1975年8月22日
+0.7m/s スティーブ・ウィリアムズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1976年3月27日
+0.7m/s ハーヴェイ・グランス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1976年4月3日
ハーヴェイ・グランス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1976年5月1日
+1.7m/s ドン・クォーリー ジャマイカの旗 ジャマイカ 1976年5月22日
  • 「OR」はオリンピック記録、「A」は高地記録を表す。

電動計時[編集]

世界的に100mの電動計時が始まったのは、1964年の東京オリンピックからである。当初は手動計時と電動計時とが併用され、両方の記録が公認されていたが、電動計時が普及したことにより、1977年1月より、国際陸連は電動計時による記録のみを公認するようになった。

ここでは、1977年以降の男子100mの世界記録の推移を示す。なお、1976年以前の電動計時による世界記録は、1968年のメキシコシティオリンピック男子100m決勝でジム・ハインズ(アメリカ)が記録した9秒95である。

記録 風速 名前 国籍 日付 備考
9秒93 +1.4m/s カルヴィン・スミス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1983年7月3日 A
9秒92 +1.1m/s カール・ルイス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1988年9月24日 OR[4]
9秒90 +1.9m/s リロイ・バレル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1991年6月14日
9秒86 +1.2m/s カール・ルイス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1991年8月25日
9秒85 +1.2m/s リロイ・バレル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1994年7月6日
9秒84 +0.7m/s ドノバン・ベイリー カナダの旗 カナダ 1996年7月27日 OR
9秒79 +0.1m/s モーリス・グリーン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1999年6月16日
9秒77 +1.6m/s アサファ・パウエル ジャマイカの旗 ジャマイカ 2005年6月14日
+1.5m/s アサファ・パウエル ジャマイカの旗 ジャマイカ 2006年6月11日
+1.0m/s アサファ・パウエル ジャマイカの旗 ジャマイカ 2006年8月18日
9秒74 +1.7m/s アサファ・パウエル ジャマイカの旗 ジャマイカ 2007年9月9日
9秒72 +1.7m/s ウサイン・ボルト ジャマイカの旗 ジャマイカ 2008年5月31日
9秒69 0.0m/s ウサイン・ボルト ジャマイカの旗 ジャマイカ 2008年8月16日 OR
9秒58 +0.9m/s ウサイン・ボルト ジャマイカの旗 ジャマイカ 2009年8月16日
  • 「OR」はオリンピック記録、「A」は高地記録を表す。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当時のストップウォッチは1/5秒刻みであったため、「10秒3/5」とも書かれる。
  2. ^ 計測員のうち2人以上のタイムが一致すればそれを、3人とも異なれば真ん中のタイムを公式記録とする、といった方法を採っていた。
  3. ^ 「追い風+2.0m/sまでを公認とする」という追い風参考記録に関する規則は、1936年に施行されたため、それ以前の吉岡の記録が公認されている。なお、吉岡は1935年6月9日にも10秒3を記録しているが、これは4個のストップウォッチを用いて計測されたため、日本陸連は公認としたが、国際陸連は公認しなかった。
  4. ^ ソウルオリンピック後も、ベン・ジョンソンの9秒83(1987年)が世界記録とされていたが、この記録も後に抹消され、ルイスの記録は1990年1月に世界記録として公認された。なお、これ以前にルイスは9秒93を2回記録しているが、世界記録公認の手続きが行われなかったため、これらの記録は世界タイ記録としては扱われない。

出典[編集]