王になろうとした男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

王になろうとした男』(おうになろうとしたおとこ、: The Man Who Would Be King)は、ラドヤード・キプリングによる小説。1888年The Phantom 'Rickshaw and other Eerie Tales(en)の中の一編として出版された。

概要[編集]

「王になろうとした男」(1888)は、ラドヤード・キプリングによる短編小説である。アフガニスタン僻地にあるといわれる「カーフィリスターン英語版」(Kafiristan)でになった、英領インドの二人のイギリス人冒険家の話である。この小説は、ジェームズ・ブルックジョシア・ハーランの二人の経験を元にしている。ジェームズ・ブルックは、ボルネオ島にあるサラワク白人王に成った英国人であり、ジョシア・ハーランは、米人冒険家でゴール王子の称号を、彼自身のみ成らず、彼の子孫にまで与えられた。この小説は、それだけでなく他の事実を要素に取り込んでいる。たとえば、ヌーリスタンの人々が、ヨーロッパ人の外観を備えていることや、最後に無くなった主人公の頭が戻ってくる話は、アドルフ・シュラーギントヴァイトの斬られた頭が植民地省に戻ってきた事実をモデルにしたものである。[1]


この小説は、『The Phantom 'Rickshaw and other Eerie Tales』の一編として出版された。この本は、印度鉄道図書の第五巻として出版されている。[2]また、『Wee Willie Winkie』に掲載されたほか、他の本にも掲載されている。

ラジオ小説として1947年7月7日、「エスケープ」ショウで放送され、また、1948年8月1日にも放送されている。1975年に、ショーン・コネリーマイケル・ケイン主演で映画化されている。この映画では、クリストファー・プラマーがキプリングを演じている。

あらすじ[編集]

この話の語り手は、インドにいるイギリス人ジャーナリスト、キプリングです。彼がインドを旅行中に二人のだらしない冒険家ダニエル・ドレイヴォトと、ピーチ・カーネハンに会い、好意をもちました。それでしたので、彼らが、あるラージャを脅迫するのをやめさせました。数ヶ月後、彼らは、ラホールにあるキプリングのオフィスに訪ねてきて、彼らの計画を語りました。彼らは、「兵士、水夫、植字工、写真家、鉄道技師、些細な請負業者」などをやってきましたが、インドは彼らには狭すぎると考えるようになりました。翌日、彼らは、王になるためにカフィリスタンへ旅立ちました。ドレイヴォットは現地人になりきり、20丁のマルティニ・ヘンリー銃を持っていくつもりでした。当時としては世界最高の銃です。彼らは、王か首長に会い、彼が敵を倒すのを手伝い、その上で、その地位を乗っ取ることを計画しました。彼らは語り手に、その地域に関する書籍や地図を調べてくれるよう頼みました。というのも、彼らはフリーメーソンのメンバーであり、また、恐喝の計画を台無しにしたからです。

二年後、灼熱の夏の暑い夜に、カーネハンは、語り手のオフィスに這って入ってきました。彼は、失意の身で、ぼろをまとう乞食になっていましが、驚くべき物語を話しました。ドレイヴォトとカーネハンは王になることに成功していました。カフィールの人々を捜し出したところ、彼らは白人にでした(「毛むくじゃらで、白く、そして公正だったので、ただ、古い友人と握手するだけでした)。軍隊を整え、村々を占領し、統一国家を作ることを夢見ました。カフィールの人々は異教徒でイスラム教徒ではありませんでした。ドレイヴォットをアレキサンダー大王の息子と認め、神として崇めました。カフィールの人々はフリーメーソンの儀式を行っており、その地の年長の司祭だけが知っているフリーメーソンの秘密を冒険者達は知っていたのです。

ドレイヴォットがカフィールの少女と結婚することを決めた時、この計画は崩れました。神と結婚することを畏れており、ドレイヴォットがその少女に口づけしようとすると、彼女は彼に噛みついたのです。彼が血を流すのを見て、司祭達は、「神でもなく、悪魔でもなく、単なる人間だ」と叫びました。カフィールの人々の多くがドレイヴォットとカーネハンに背きました。「ビリー・フィッシュ」と名付けた首長と数人がドレイヴォット達に忠誠を誓い人々と戦いましたが、敗れ、結局二人の王は捕らわれました。

王冠をかぶったドレイヴォットは渓谷にかかる吊り橋の上に立たされ、カフィールの人々はその繩を切ると、彼は転落して死にました。カーネハンは二本の松の間に磔にされました。しかし、一日たっても生きながらえていたので、カフィールの人々は奇跡と思い、彼を自由にしました。カーネハンは乞食をしてインドに戻りました。

この話の証拠として、カーネハンは語り手に、金の王冠を頭に抱いたドレイヴォットの頭を見せて、部屋から去りました。翌日、語り手は彼が帽子もかぶらず、少し狂いだして、炎天下の道を這っているのを見つけたので、地方の病院に入院させました。二日後、語り手が病院を訪れた時、日射病でカーネハンが死亡したことを知らされました。「昼日中、無帽で日の下にいたから、・・・」。持ち物は何も残されていませんでした。


影響[編集]

J.M. Barriは「フィクションの中でももっとも大胆なもの」と評価している。他の批評は、ブルームの『ラドヤード・キプリング』に集められている。[3]

大衆文化[編集]

  • 同名の歌がある。
  • 1975年に映画化されている。

脚注[編集]

  1. ^ Tajikistan & The High Pamirs: A Companion and Guide, Robert Middleton & Huw Thomas, Odyssey, 2008
  2. ^ A.H. Wheeler & Co, アッラハバード、1888
  3. ^ Bloom, Harold, ed. Rudyard Kipling Chelsea House, 2004.

外部リンク[編集]

関連項目[編集]