炭酸水素アンモニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
炭酸水素アンモニウム
Ammonium bicarbonate.PNG
IUPAC名 炭酸水素アンモニウム
別名 重炭酸アンモニウム,重炭安
組成式 NH4HCO3
式量 79.06 g/mol
CAS登録番号 [1066-33-7]
密度 1.586 g/cm3,
水への溶解度 21.6 g/100 mL (20 ℃)
融点 106 ℃昇華

炭酸水素アンモニウム(たんさんすいそ -、英語 Ammonium hydrogen carbonate)は、分子式 NH4HCO3 で表される化学物質重炭酸アンモニウム(じゅうたんさん -、英語 Ammonium bicarbonate)、重炭安(じゅうたんあん)ともいう。CAS登録番号 1066-33-7。

分子量 79.06 g/mol 、密度 1.586 g/cm3。水に可溶 (20℃で17.4% ) 。アセトンアルコールに不溶。水に溶解すると、加水分解のために、弱アルカリ性を呈する。

固体は58℃、水溶液は70℃に加熱することでアンモニア二酸化炭素の3つの物質に分解する。気体()となるため食品膨脹剤として、小麦粉製品等に添加して用いられる。 炭酸水素ナトリウム(重曹)よりも低温で多量のガスを発生させるので、発泡倍率を上げることができる。常温で一部分解してアンモニア臭を出すので香港では「臭粉」という俗称がある。

熱分解の反応式:NH4HCO3 → NH3 + H2O + CO2

用途[編集]

安全性[編集]

炭酸水素アンモニウムには皮膚呼吸器系に対する刺激性がある。

外部リンク[編集]