発泡剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

発泡剤(はっぽうざい)とは、製品中にを生じさせるために添加される薬品のこと。分解によりガスを生じる物質、またはそれ自体ガスとなる物質である。

主な発泡剤と原理[編集]

炭酸水素ナトリウム熱分解により二酸化炭素を発生

2NaHCO_3 = Na_2CO_3 + CO_2 + H_2O

炭酸アンモニウム、熱分解によりアンモニア二酸化炭素を発生

(NH_4)_2CO_3 = 2NH_3 + CO_2 + H_2O

利用[編集]

関連項目[編集]