過塩素酸アンモニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
過塩素酸アンモニウム
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 7790-98-9 チェック
EINECS 232-235-1
国連番号 1442
RTECS番号 SC7520000
特性
化学式 NH4ClO4
モル質量 117.49 g/mol
外観 無色の結晶
密度 1.95 g/cm3
融点

200 °C以上で溶融する前に発熱分解[1]

への溶解度 11.56 g/100 mL (0 °C)
20.85 g/100 mL (20 °C)
57.01 g/100 mL (100 °C)
溶解度 メタノールに可溶
アセトンに部分的に可溶
エーテルに不溶
構造
結晶構造 斜方晶 (< 513 K)
立方晶 (> 513 K)
危険性
MSDS External MSDS
EU分類 Oxidant (O)
EU Index 017-009-00-0
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
1
2
OX
Rフレーズ R9, R44
Sフレーズ (S2), S14, S16, S27, S36/37
関連する物質
その他の陰イオン 塩素酸アンモニウム
塩化アンモニウム
その他の陽イオン 過塩素酸カリウム
過塩素酸ナトリウム
過塩素酸リチウム
関連物質 過塩素酸
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

過塩素酸アンモニウム(かえんそさん—、ammonium perchlorate) は過塩素酸アンモニウム塩にあたる無機化合物で、消防法に定められている危険物(第一類)である。

化学的性質[編集]

他の物質を強く酸化させる性質を持つ固体(酸化性固体)であり、可燃性物質と混合させて、衝撃摩擦により分解し、きわめて激しい燃焼を得る。

加熱すると約 150 ℃ で分解を始めて酸素を発生し、400 ℃ で発火する。分解時、多量のガスを発生するので危険である。[2]

製造[編集]

アンモニア過塩素酸の反応によって生産される。過塩素酸ナトリウムとアンモニウム塩からも生産出来る。

このプロセスは NH4ClO4の溶解が過塩素酸ナトリウムに対して約10%である。[3] 結晶は無色で菱形である。多くのアンモニウム塩と同様に溶融する前に分解する。ゆっくり加熱すると塩素、窒素、酸素、水が生じる。

2 NH4ClO4 → Cl2 + N2 + 2 O2 + 4 H2O

強熱すると爆発を引き起こす場合がある。

用途[編集]

過塩素酸アンモニウムと合成ゴム、金属粉などを混錬して成形したコンポジット推進薬(APCP)はロケットエンジンの推進剤に使用されている。コンポジット推進薬を用いた固体燃料ロケットブースターアメリカスペースシャトル日本H-IIロケットで用いられている。また過塩素酸アンモニウムは産業用の火薬の一種であるカーリットの主原料としても使用されている。

他の用途[編集]

300°Cまで結合力を持つ一部のエポキシ系接着剤に含まれている。

毒性[編集]

弱い毒性がある。一例として過塩素酸ナトリウムは半数致死量は2-4 g/kgである。[3]

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Liu, L.; Li, F.; Tan, L.; Ming, L.; Yi, Y. (2004), “Effects of Nanometer Ni, Cu, Al and NiCu Powders on the Thermal Decomposition of Ammonium Perchlorate”, Propellant, Explosives, Pyrotechnics 29: 34–38 
  2. ^ T. L. Boggs, Deflagration Rate, Surface Structure and Subsurface Profile of Self-Deflagrating Single Crystals of Ammonium Perchlorate. AIAA Journal, 8(5), 1970, pp. 867--873.
  3. ^ a b Helmut Vogt, Jan Balej, John E. Bennett, Peter Wintzer, Saeed Akbar Sheikh, Patrizio Gallone “Chlorine Oxides and Chlorine Oxygen Acids” in Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry 2002, Wiley-VCH. doi:10.1002/14356007.a06_483