深水藤子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふかみず ふじこ
深水 藤子
深水 藤子
1937年頃の深水藤子
本名 安田 富士子
別名義 長田 富士絵
生年月日 1916年4月10日
没年月日 2011年12月18日(満95歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府荏原郡品川町
職業 女優
ジャンル 映画
配偶者 中園忠淳
主な作品
丹下左膳余話 百萬両の壺
街の入墨者
夢みるように眠りたい

深水 藤子(ふかみず ふじこ、1916年4月10日 - 2011年12月18日[1])は、日本の映画女優である。画家の伊東深水が同芸名の名づけ親で、本名は安田 富士子(やすだ ふじこ、旧姓)。戦前の日活京都の時代劇スター女優であり、戦後は沈黙したが、林海象監督の手によりふたたびスクリーンに登場した。

来歴・人物[編集]

1916年(大正5年)4月10日東京府荏原郡品川町大字北品川宿(現在の品川区北品川1丁目)に、江戸時代末期から続く蕎麦屋「養老庵」を営む父・松太郎、母・まんの長女として生まれる。2人兄妹の兄である長男はのちの映画監督安田公義である[2]

7歳から花柳流舞踊を習いはじめ、1929年(昭和4年)に東海尋常小学校を卒業して東京高等女学校(現・東京女子学園高等学校)へ進学するも、1931年(昭和6年)に中退、同年5月に松竹蒲田撮影所に入社、研修生となる。長田 富士絵ながた ふじえ)名義で翌1932年(昭和7年)2月4日に公開された斎藤寅次郎監督のスラップスティック・コメディ『三太郎満州出征』のヒロインに抜擢されるが、あまり目立たず、松竹下加茂撮影所への異動を勧められるが両親に反対される。同年10月の日活太秦撮影所の募集に応募、審査員のひとりだった画家の伊東深水(のちの女優朝丘雪路の父)の激しいプッシュで合格者7人に残る。伊東が「深水藤子」の名を命名するにおよび、両親は京都行きを賛成した[2]

同年11月、日活太秦の時代劇部に入社、さっそく12月1日公開の『煩悩秘文書』三部作(監督渡辺邦男)に出演、大河内伝次郎の相手役に抜擢された。半年後の1933年(昭和8年)5月に現代劇部に転向、大谷俊夫監督の『娘十六』、倉田文人監督の『恋知る頃』に主演した。翌1934年(昭和9年)4月の現代劇部の多摩川撮影所移転にともない東京に戻り、主演を含め3本に出演したところで同年9月にP.C.L.映画製作所の引き抜きに遭い、いったんは日活に辞表を提出する。最終的には日活に残留、同年12月には日活京都撮影所(日活太秦から名称変更後)に異動、さっそく稲垣浩監督のトーキー、『新選組 前後篇』に出演した[2]

1935年(昭和10年)、19歳になり、山中貞雄監督の『丹下左膳余話 百萬両の壺』に出演、ひきつづき稲垣・山中共同監督作品『関の弥太ッぺ』の大河内の相手役に抜擢される。山中監督の『街の入墨者』に抜擢されるにいたり、山中とのロマンスが噂されるようになる。同作は同年の「キネマ旬報」誌ベストテン2位に選ばれたが、プリントは現存しない。同年から足掛け2年がかりの稲垣監督の超大作『大菩薩峠』に出演、花井蘭子と双璧の日活時代劇スターとなった。翌1936年(昭和11年)1月8日のスタジオ開きで、花井は功労賞、深水は技芸賞を受賞した[2]

1937年(昭和12年)、ひさしぶりに山中監督の『森の石松』に出演、山中は同作を最後に日活を退社、P.C.L.に移籍する。移籍後第1作の『人情紙風船』を最後に、8月に応召、翌1938年(昭和13年)9月17日に戦死してしまう。深水は山中との結婚を心に決めていたという説がある[2]

プライヴェイトな別離とは裏腹に、当時の深水はまさに絶頂期で、1937年6月の花井の退社・P.C.L.入り以来、日活時代劇の娘役の筆頭スターの地位を独走、5月に阪東妻三郎がプロダクションを解散して日活入りすると、阪東主演、マキノ正博監督の『国定忠治』で相手役を、翌1938年1月、嵐寛寿郎がプロダクションを解散して日活入りすると、『鞍馬天狗』で共演する。阪妻・嵐寛・千恵蔵揃い踏みの『忠臣蔵』地の巻(監督池田富保)/天の巻(監督マキノ正博)、および『続水戸黄門廻国記』(監督池田富保)の同年の2大作品にも出演した[2]

1942年(昭和17年)1月の戦時統合による大映への合併を期に退社、26歳の若さで映画女優を引退した。このときすでに100本の映画に出演していた。川浪良太郎一座に加わり、舞台を踏んだ。戦後は大映の伊藤大輔・稲垣浩共同監督作品『東海水滸伝』(1945年)や東宝の小田基義監督作品『音楽五人男』(1947年)に顔を出したが、基本的には引退している。1951年(昭和26年)10月、中園忠淳と結婚、一男をもうけたのちに離婚した[2]

1986年(昭和61年)、林海象監督のデビュー作『夢みるように眠りたい』、1989年(平成元年)の次作『二十世紀少年読本』に40年ぶりに出演して話題となった。

2011年12月18日静岡県にて永眠。(享年95)

おもなフィルモグラフィ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ キネマ旬報』 2012年2月下旬決算特別号 映画界物故人リスト
  2. ^ a b c d e f g 『日本映画俳優全集・女優編』(キネマ旬報、1980年)の「深水藤子」の項の記述(p.565-567)を参照。同項執筆は清水晶

関連項目[編集]

外部リンク[編集]