浜田真理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浜田真理子
基本情報
出生名 浜田真理子
出生 1964年9月30日(49歳)
出身地 日本の旗 日本 島根県松江市
職業 歌手ミュージシャン
担当楽器 ピアノ
レーベル 美音堂
共同作業者 大友良英
田口史人
因幡修次
公式サイト 浜田真理子 Official Website

浜田真理子(はまだ まりこ、1964年9月30日- )は島根県松江市出身のミュージシャンである。島根県立松江南高等学校卒業、松江市でOLをしながら、東京などで年数回のコンサートを開いている。

来歴[編集]

学生時代よりバー、クラブ、ホテルのラウンジでピアノ弾語りの仕事をする。

1998年暮れ、1stアルバム『mariko』をリリース。僅か500枚のプレスが東京の一部のマスコミに取り上げられ完売。2002年に再プレスされ、東京の大型CDショップの試聴器でロング・ヒットする。

2002年、マネージメント事務所兼レーベル美音堂が設立される。6月にシングル『純愛』、10月に2ndアルバム『あなたへ』をリリース。ライブ活動を年間数本のペースで始める。

2003年12月、廣木隆一監督、寺島しのぶ主演映画「ヴァイブレータ」にて2曲使用され話題になる。

2004年7月、MBS・TBS系ドキュメンタリー番組「情熱大陸」に出演し反響を呼ぶ。

2006年11月、4年振りの3rdアルバム『夜も昼も』をリリース。地元島根を舞台にした錦織良成監督映画「うん、何?」(2008年5月公開)にて音楽を担当する(テーマ曲『アンダンテ』、挿入曲『風の音』)。また同年7月、雑誌「AERA」の現代の肖像コーナーで5ページにわたり取り上げられた。

2008年11月、世田谷パブリックシアターにて、演出家久世光彦のエッセイ「マイ・ラスト・ソング」を題材にした音楽舞台で女優小泉今日子(朗読)と共演し、昭和スタンダードを歌い好評を博す。 2008~2009年にかけて、ACキャンペーンCM「国境なき医師団」で書き下ろし曲『ひそやかなうた』が流れ反響を呼ぶ。

2009年3月、NHKドラマスペシャル「白洲次郎」にて『しゃれこうべと大砲』が挿入歌に起用される。12月、4thアルバム『うたかた』をリリース。

2013年7月、5thアルバム『But Beautiful』をリリース。 [1]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • mariko (1998年)*2002年に再発
  • あなたへ (2002年10月)
  • mariko live~月の記憶~2002.11.9 at Bunkamura Theatre COCOON (2003年4月)*2枚組ライブ・アルバム
  • Love song (2003年11月)*ミニ・アルバム
  • mariko live ~こころうた~2003.11.21 at GLORIA CHAPEL (2004年3月)*2枚組ライブ・アルバム
  • mariko live ~romance~2004.11.4 at Bunkamura Theatre COCOON (2005年3月)*2枚組ライブ・アルバム
  • 夜も昼も (2006年11月)
  • うたかた (2009年12月)
  • あなたの心に (2012年3月)*カバー・アルバム
  • But Beautiful (2013年7月)
  • Live. La solitude (2014年5月)*ライブ・アルバム

シングル[編集]

  • 純愛 (2002年6月)
  • 聖歌~はじまりの日~ (2002年10月)
  • 月の記憶 (2002年)*ライブ会場・通信販売にて限定販売の7インチEP
  • 再会 / さだめ川 (2003年7月)*ライブ会場と円盤にて限定販売の7インチEP

DVD[編集]

  • mariko live ~四十雀~ (2004年12月)

オムニバス[編集]

  • so far songs (2000年9月)*田口史人によるOZdiscのコンピレーション
  • カナリア (2005年2月)*塩田明彦監督作品「カナリア」のオリジナル・サウンドトラック盤、大友良英によるインスト曲、浜田真理子のスタジオ音源を4曲などを収録

参加作品[編集]

  • ONJO 大友良英・ニュー・ジャズ・オーケストラ (2005年4月)*カヒミ・カリィ、浜田真理子がヴォーカリストとしてゲスト参加

出典・脚注[編集]

  1. ^ 来歴は、公式サイトの バイオグラフィーを参照。

外部リンク[編集]