江渡恭助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江渡恭助

江渡 恭助(えと きょうすけ、1881年 - 1917年7月9日)は、日露戦争および第一次世界大戦に身を置いた日本海軍の将校。英国戦艦の爆発事故により戦死した。

概要[編集]

江渡は1881年に青森県五戸で生まれた。造り酒屋の長男であり、とうぜん家業を継ぐものとして期待されていた。しかし彼は中学生のときに、東京の高校へ進学したいと父に告げた。日本帝国海軍に生涯を捧げようとしたのだ。3日がかりで頑固な父親を説得し、それを約束させたといわれている。海軍予備校として知られた海城中学を経て、1900年に海軍兵学校(28期)を卒業した。

1905年には、17年間におよぶ江渡の軍歴のなかでも重要な功績である日本海海戦に参戦。江渡はまだ24歳であった。巡洋艦「吾妻」の船尾で砲塔を指揮し、金鵄勲章(功四級)を授けられた。戦後海軍大学校甲種学生(8期)を卒業。永野修身は兵学校、大学校ともに同期生である。

第一次世界大戦の初期には軍令部の士官となり、またドイツを相手どった青島の戦いで重砲を預かり功績を挙げた。1916年5月、彼はイギリス大使館附駐在武官に任じられる。シベリアを横断しヨーロッパへの旅路を経験した。日英同盟のもと、江渡は1916年8月15日からイギリス本国艦隊の戦艦「ヴァンガード」を受け持つ軍事監視団の一員となる。

1917年7月9日は月曜であった。日付のかわる直前に、スコットランド、スカパ・フローに停泊していたヴァンガードは爆発する。これはおそらく、数箇所の弾薬庫の向かいにたくわえられたコルダイトが、そばにある無人のボイラー室で燃え上がったものだ。ヴァンガードはほとんど瞬時に沈没し、江渡を含めたおよそ843名がそのまま溺死した。救命されたのは2人だけだった。現在この地は軍事遺産保護法(1986年制定)が扱う対象となっている。1984年、江渡の親族がオークニーを訪れ、ヴァンガードの難破物まで案内されている。

江渡は戦死後同日付で大佐に昇進し、功三級金鵄勲章、勲三等旭日中綬章を授章[1]。さらにイギリス政府によるバス勲章も与えられている。

五戸町の博物館には、ささやかながら江渡についての展示品があり、また同町には「江渡恭助人材育成基金条例」が設けられている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1489号、大正6年7月18日。
  2. ^ 江渡恭助人材育成基金条例

参考文献[編集]