梧州市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 広西自治区 梧州市
広西チワン族自治区中の梧州市の位置
広西チワン族自治区中の梧州市の位置
簡体字 梧州
繁体字 梧州
拼音 Wúzhōu
カタカナ転記 ウーヂョウ
公用語 広東語
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 広西
行政級別 地級市
建置 前111年
面積
総面積 12,588 km²
人口
総人口() 305.43 万人
経済
電話番号 0774
郵便番号 543000
ナンバープレート 桂D
行政区画代碼 450400
公式ウェブサイト http://www.wuzhou.gov.cn/

梧州市(ごしゅうし)は中華人民共和国広西チワン族自治区に位置する地級市

地理[編集]

広西チワン族自治区の東部に位置し、賀州市来賓市貴港市玉林市広東省肇慶市、広東省雲浮市と接する。

歴史[編集]

前111年元鼎6年)、前漢が梧郡を設置。

621年武徳4年)、が梧州を設置。

1927年梧州市政府が成立する。

行政[編集]

3市轄区・1県級市・3県を管轄下に置く。

年表[編集]

広西省梧州専区[編集]

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国広西省梧州専区が成立。蒼梧県桂平県藤県岑渓県平南県容県が発足。(6県)
  • 1950年1月 - 蒼梧県の一部が分立し、梧州市が発足。(1市6県)
  • 1950年6月 - 梧州市が地級市の梧州市に昇格。(6県)
  • 1951年7月9日 - 梧州専区が鬱林専区と合併し、容県専区の発足により消滅。

広西省梧州市[編集]

  • 1950年6月 - 梧州専区梧州市が地級市の梧州市に昇格。(1市)
  • 1953年3月7日 - 容県専区蒼梧県の一部を編入。(1市)
  • 1953年11月3日 - 一区二区郊区水上区を設置。(4区)
  • 1955年9月2日 - 一区・二区・水上区が郊区に編入。(1区)
  • 1957年12月20日 - 広西チワン族自治区の成立により、広西チワン族自治区梧州市となる。

広西チワン族自治区梧州市(第1次)[編集]

  • 1958年7月25日 - 梧州市が梧州専区に編入。

広西チワン族自治区梧州地区[編集]

  • 1958年7月19日 - 平楽専区蒙山県昭平県賀県富鍾県、容県専区蒼梧県藤県岑渓県を編入。梧州専区が成立。(7県)
  • 1958年7月25日 - 梧州市を編入。梧州市が県級市に降格。(1市7県)
  • 1958年8月 - 蒼梧県の一部が梧州市に編入。(1市7県)
  • 1961年11月25日 - 梧州市が地級市の梧州市に昇格。(7県)
  • 1962年3月27日 - 富鍾県が分割され、富川県鍾山県が発足。(8県)
  • 1967年12月 - 蒙山県の一部が桂林専区茘浦県に編入。(8県)
  • 1970年 - 蒼梧県の一部が梧州市蝶山区白雲区に分割編入。(8県)
  • 1971年 - 梧州専区が梧州地区に改称。(8県)
  • 1982年11月6日 - 昭平県の一部が賀県に編入。(8県)
  • 1983年8月30日 - 富川県が自治県に移行し、富川ヤオ族自治県となる。(7県1自治県)
  • 1983年10月8日 - 蒼梧県が梧州市に編入。(6県1自治県)
  • 1995年9月11日 - 岑渓県が市制施行し、岑渓市となる。(1市5県1自治県)
  • 1997年2月27日 - 梧州地区が賀州地区に改称。
    • 岑渓市・藤県・蒙山県が梧州市に編入。

広西チワン族自治区梧州市(第2次)[編集]

  • 1961年11月25日 - 梧州専区梧州市が地級市の梧州市に昇格。(1市)
  • 1962年3月27日 - 万寿区白雲区鴛江区蝶山区を設置。(4区)
  • 1970年 - 梧州専区蒼梧県の一部が蝶山区・白雲区に分割編入。(4区)
  • 1974年 - 万寿区・白雲区・鴛江区・蝶山区を廃止。(1市)
  • 1976年 - 郊区を設置。(1区)
  • 1979年1月22日 - 郊区が分割され、万秀区白雲区鴛江区蝶山区が発足。(4区)
  • 1983年10月8日 - 梧州地区蒼梧県を編入。(4区1県)
  • 1984年6月23日 (4区1県)
    • 白雲区・蝶山区の各一部が合併し、郊区が発足。
    • 白雲区の残部が万秀区に編入。
  • 1984年9月8日 - 万秀区の一部が分立し、白雲区が発足。(5区1県)
  • 1984年9月11日 - 鴛江区が蝶山区に編入。(4区1県)
  • 1990年11月1日 - 白雲区が万秀区に編入。(3区1県)
  • 1997年2月27日 - 梧州地区岑渓市藤県蒙山県を編入。(3区1市3県)
  • 2003年1月2日 (3区1市3県)
    • 郊区・蝶山区・蒼梧県の各一部が合併し、長洲区が発足。
    • 蒼梧県・郊区の各一部が万秀区に編入。
    • 郊区の残部および万秀区・蒼梧県の各一部が蝶山区に編入。
  • 2013年2月8日 (3区1市3県)
    • 蝶山区および万秀区の一部が合併し、万秀区が発足。
    • 蒼梧県の一部が分立し、竜圩区が発足。
    • 万秀区の残部が蒼梧県に編入。

交通[編集]

空港

道路

  • 南梧高速道路
  • 広梧高速道路
  • 桂梧高速道路

外部リンク[編集]