梓潼県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 四川省 梓潼県
七曲山大廟
七曲山大廟
旧称:尼陳山
綿陽市中の梓潼県の位置
綿陽市中の梓潼県の位置
簡体字 梓潼
繁体字 梓潼
拼音 Zĭtóng
カタカナ転記 ズートン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
四川
地級市 綿陽市
行政級別
面積
総面積 1,438 km²
人口
総人口(2004) 38 万人
経済
電話番号 0816
郵便番号 621500
行政区画代碼 510725

梓潼県(しとう-けん)は中華人民共和国四川省綿陽市に位置する

地理[編集]

梓潼県は四川盆地北西部、綿陽市北東部に位置する。

歴史[編集]

『広博物志』によれば梓潼は旧名を尼陳山と称し、夏朝禹の治水工事の際に泥を積み上げたことから命名された。梓潼の名称は戦国時代に「東依梓林、西枕潼水」より命名された。春秋戦国時代は蜀国の版図であった。恵王は司馬錯を派遣し巴、蜀の2国を滅ぼした後、梓潼は蜀都の超地とされた。前285年、に広漢郡の下に梓潼県を設置した。県治は現在の連枝壩に設置されたが、115年元初2年)に現在の県治に移転し現在に至る。

また梓潼県は『三国志』の舞台としてもしばしば登場し、益州を治めた劉備は、霍峻の功績を賞して、広漢郡の一部を割いて梓潼郡を設定し、霍峻を梓潼太守に任命したという記録がある(霍峻伝)。李平(李厳)が諸葛亮により流罪させられたのも梓潼郡である(李厳伝)。蜀末期に楊戯が梓潼太守に任命されている(楊戯伝)。


行政区画[編集]

下部に1121を管轄する。

  • 鎮 :文昌鎮、許州鎮、長卿鎮、黎雅鎮、白雲鎮、臥竜鎮、観義鎮、瑪瑙鎮、石牛鎮、自強鎮、仁和鎮。
  • 郷 :小埡郷、演武郷、仙峰郷、双板郷、文興郷、石台郷、馬鳴郷、建興郷、双峰郷、仙鵝郷、二洞郷、豢竜郷、宝石郷、定遠郷、大新郷、東石郷、三泉郷、宏仁郷、馬迎郷、交泰郷、金竜場郷。
臥竜山からの風景