李肇星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李肇星
Li Zhaoxing.jpg
生年月日 1940年10月20日
出生地 Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg山東省青島市
出身校 北京大学
所属政党 Flag of the Chinese Communist Party.svg 中国共産党

中華人民共和国の旗 第9代外交部長
内閣 温家宝内閣
任期 2003年3月17日 - 2007年4月27日
テンプレートを表示
李肇星
職業: 政治家・外交官
各種表記
繁体字 李肇星
簡体字 李肇星
拼音 Lǐ Zhàoxīng
和名表記: り ちょうせい
発音転記: リー・ヂャオシン
テンプレートを表示

李 肇星(り ちょうせい、リー・ヂャオシン、1940年10月20日)は中華人民共和国の外交官、政治家。第9代外交部長外務大臣)、第16期中国共産党中央委員を経て、現在は第11期全国人民代表大会常務委員会委員・全国人民代表大会外事委員会主任委員を務める。

略歴[編集]

1964年北京大学を卒業し、中国外交学会職員として勤務。北京外国語大学大学院でも学んだが、1968年文化大革命により山西省江西省などに下放された。

1970年、駐ケニア大使館員として復職。外交部情報局勤務が長く、報道局長を経て、1990年に外交部部長助理(次官補)となった。その後、1993年国際連合大使、1995年に外交部副部長(次官)となり、1998年3月16日、駐アメリカ合衆国全権大使に就任する。

2001年1月、副部長として外交部に戻る。2003年3月17日、第10期全国人民代表大会第1回会議において温家宝内閣が成立し、李は外交部長(大臣)に任命された。

2007年4月27日、全国人民代表大会常務委員会の決定により、李は外交部長を退任。2008年3月の第11期全人代第1回会議において全人代常務委員、全人代外事委員会主任委員に就任。

2012年12月31日、新設された非営利団体「中国公共外交協会」の初代会長に就任した[1]

主な発言[編集]

  • 2004年11月27日 “没有日本援助,中国也行。”“中国人民能够依靠自己的力量、智慧、决心和自信,建设自己的国家。”

(「日本の援助が無くても、中国はいける」「中国人民は自分の力、知恵、決心そして自信を頼りに、自分の国家を建設することができる」)―小泉純一郎首相(当時)が「中国もODAは卒業すべき時だ」と発言したことを受けて。

  • 2005年4月17日 “中国政府从来没有做对不起日本人民而必须向日本人民道歉的事,主要的问题是日本政府做了一系列伤害中国人民感情的事情。”

(「中国政府はこれまで日本人民に申し訳が立たないような、謝らなくてはならないことをしたことがない。大事な問題は、日本政府が中国人民の感情を傷つけた一連の行為だ。」)―3週連続で反日デモが開催され、一部が北京大使館上海総領事館に投石など破壊行為をした件で、町村信孝外相(当時)に謝罪を求められて。

  • 2006年3月7日 “一位德国官员告诉我,德国人也不能理解,日本的领导怎么能干这种事,这种傻事,不合道德的事。这是德国人说的。他们说,二战之后没有哪个德国领导人还对希特勒或者纳粹分子表示崇拜。”

(「あるドイツ政府当局者が、『日本の指導者がこの様な事をなぜできるのか、この様な愚かで不道徳なことをするとは、ドイツ人も理解できない』と言っていた。これはドイツ人が言っていたことだ。彼らは、第二次大戦以降ドイツの指導者のだれも、ヒトラーやナチス党員を崇拝する人がいなかった、と言っている」)―両会開催中の外交方針に関する記者会見場で。記者は東シナ海ガス田について質問したのだが、激昂し演説となった。原稿はあらかじめ用意しており、日本関連の質問が出たら話す予定だった模様。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「有利な国際世論形成へ「中国公共外交協会」設立」、2012年12月31日21時14分、Yomiuri Online。

外部サイト[編集]

中華人民共和国の旗中華人民共和国
先代:
唐家璇
外交部長
2003年 - 2007年
次代:
楊潔篪
先代:
李道豫
駐アメリカ合衆国全権大使
1998年 - 2001年
次代:
楊潔篪