日本の十大発明家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本の十大発明家(にほんのじゅうだいはつめいか)は、日本を代表する10人の発明家の総称である。

概略[編集]

特に、昭和60年(1985年4月18日発明の日)、日本における産業財産権制度が100周年を迎えたことを記念し、特許庁において選定・顕彰された「十大発明家」のことをいう。現在、特許庁のロビーには彼らのレリーフが飾られている。

また、昭和5年(1930年)及び昭和14年(1939年)に昭和天皇より宮中賜餐の栄を受けた、当時の代表的な発明家を、それぞれ第一回十大発明家第二回十大発明家と呼ぶことがある。

彼らは発明家であると同時にしばしば起業家実業家でもあり、優れた発明の多くは、世界最高級の技術水準を誇り、その後の日本の産業発展を支えることになった(その後勃興する企業グループ等のルーツともなった)。

以下、それぞれ氏名を記す(括弧内は代表的な発明など)。

日本の十大発明家(1985年)[編集]

  1. 豊田佐吉(木製人力織機、自動織機
  2. 御木本幸吉養殖真珠
  3. 高峰譲吉タカヂアスターゼアドレナリン
  4. 池田菊苗グルタミン酸ナトリウム
  5. 鈴木梅太郎ビタミンB1ビタミンA
  6. 杉本京太邦文タイプライター
  7. 本多光太郎KS鋼、新KS鋼)
  8. 八木秀次八木・宇田アンテナ
  9. 丹羽保次郎NE式写真電送機
  10. 三島徳七MK鋼

第一回十大発明家(1930年)[編集]

  1. 鈴木梅太郎
  2. 杉本京太
  3. 御木本幸吉
  4. 山本忠興テレビジョン
  5. 密田良太郎水銀避雷器
  6. 蠣崎千晴牛疫ワクチン
  7. 二代目島津源蔵蓄電池
  8. 本多光太郎
  9. 田熊常吉ボイラ
  10. 丹羽保次郎

第二回十大発明家(1939年)[編集]

  1. 三島徳七
  2. 大河内正敏ピストンリング
  3. 岡村金蔵油母頁岩乾留法)
  4. 梅根常三郎(赤褐鉄鉱選鉱法)
  5. 棚橋寅五郎(無機薬品の製法)
  6. 安藤博多極真空管
  7. 浅尾荘一郎光電管
  8. 古賀逸策水晶振動子
  9. 岡部金治郎マグネトロン
  10. 朝日奈泰彦ビタカンファー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]